2019/04/06

東京:柴又「門前とらや」


福岡から従妹が東京に遊びに来てくれました。限られた時間でもあるため希望を聞いてみたら、寅さん好きの彼女は「柴又に行きたい」とのことでした。考えたら私も行ったことがないなあと思い、待ち合わせて一緒に出掛けました。

柴又の駅前にある寅さんの銅像と従妹の2ショットを取って、商店街へ。
映画を殆ど見たことがないなりに、こちらのお店はロケに使用されたとのことで、こちらで軽いお昼兼おやつを。
冒頭は草だんご350円。
週末限定で焼草だんご350円があるとのことで、そちらも頼んでシェアしました。

海苔がたっぷりとまぶされていて香ばしく、こちらも美味しかったです。
おでん550円は優しい味わい。

寅さんのお部屋に通じた階段。

お店には映画のポスターなどいろいろ展示されていました。従妹もテンションが上がっていました。

桜が満開で本当にいいタイミング。

帝釈天にお参りして。

矢切の渡しに乗ってみようということで。

めちゃくちゃ爽快で気持ちよかったです。

小さいころ、細川たかしの矢切の渡しという曲でその名を知りましたが、何十年も経ってその渡し船に乗ることがあるとは。生きてみるもんですねえ。
で、そのまま成り行きで矢切駅を目指しましたが、栗山浄水場の手前の階段が急なこと。息が上がりつつもなんとか二人で登り、矢切駅へ辿り着きました。
ちょっとした遠足ができて、従妹も喜んでくれて何よりでした。