2019/06/01

東京:銀座「トラットリアコダマ」


クレイジージャーニーで知った写真家 佐藤健寿さんの写真展を見に、夫と丸の内のエプソンスクエア丸の内へ行ってきました。トークイベントはすっかり出遅れて予約ができなかったので、写真だけでも。

番組で見た風景の数々が繰り広げられ、勝手に自分の思い出みたいに「あー、そうだった、これこれ」等と思いだしたり、実際に色鮮やかな大きなプリントで見ると迫力あるなあとか、細部が観察できるなあとか、何かと興味深い展示でした。

他の用事も済ませ、早目にランチを。
サーモンやズッキーニのマカロニグラタン1650円と熟成肉のランチで豚ロース1950円をシェアしました。どちらも生ハムをはじめサラダやスープ、ソフトドリンクなどのビュッフェがついていて、大変美味しくコストパフォーマンスが高いランチでした。

デザートの盛り合わせはグラタンの方についていて、熟成肉の方にもプラスアルファで付けられますが、一人分をシェアするくらいの量がちょうどよい。…といいつつ、ビュッフェにあったアーモンドロールが私として一番のデザートだったかも。結局ムースやゼリーよりパンを取ってしまう…。
オレンジのソルベは苦みがあって食後に最適でした。ランチのアルコールもお手軽なお値段で、スパークリングやビールなどを夫はオーダーしていました。まあそうでしょうねえ。
最近のこの界隈の食事では最もリピートしたい気持ちになると、我が家では意見が一致しております。

クレイジージャーニーご出演の写真家でヨシダナギさんの展覧会も、ゴールデンウィーク前に渋谷の西武へ見に行っていました。

ヨシダナギさんの衣装やスーツケースなど愛用の品々。

こちらも番組の様子を思い出します。

大きなパネルで、とある立ち位置と撮る位置で素敵な少数民族の方たちと一緒の写真が撮れるなんてコーナーもあり、夫と混じって撮ってもらったりもしました。
裏話みたいなのもそこかしこに展示もしくはヨシダナギさんの声でのささやきがあったりと、こちらは有料なだけあって展示スペースも広く趣向を凝らしたものとなっていました。

どちらの写真展も接写でなければ写真撮影OKでしたので、雰囲気だけさらっと記念に撮らせていただきました。

渋谷へ滅多に行かないので、12月の廃墟になったエリアの辺りを少し遠くから望むとこんな風にビルに覆いがされていることを知りました。

次またみると変わっているのだろうな。