2014/02/24

様々なチョコ


色々なチョコレートが楽しい季節。
いただきものを失礼ながらアップさせていただきます。
自分で知って買う範囲って本当に狭いので、いただくことで知ることができ、それぞれに味わい楽しませていただきました。
ありがとうございます。

冒頭はロイズのマカロン。
私、大きな声で言いづらいのですがマカロンは食べた気がしないと思ってしまう、世間でいう処の「女子力の低い」味覚の持ち主でございます。

しかし、流石ロイズですね。
しっかりとチョコレートを主張していて大満足。
限定品とのことですが、もっと気軽に買えたらいいのになあと思いました。

お次はimprestion(アンプレスィオン)。

ジャンドゥージャヌガーはミルクとスイート。
美味しいなあと梱包されていたリーフレットを見てみると、フェアトレード・オーガニックのカカオ豆を使ったショコラと日本産果実の融合をコンセプトとするお店だそうです。

「糸島産ブラックベリーとプロバンスラベンダーの蜂蜜」なんて商品もあったりして、福岡?と思ってショップリストを見てみると、本店はかつての私の実家があった処の近くではないですか。
こんな洒落たお店があったなんて(失礼)…と思ってパティシエのプロフィールを見てみると、フランスで修行後、チャヤで熊谷喜八さんに師事、再渡仏を経て帰国後は故郷九州のホテルシーホークのシェフ・ド・パティシエになり、お店をひとつ開店した後に、2012年にこのimprestionのブランドを立ち上げたのだとか。

東京でも買えるけど、福岡に帰った時のお楽しみにしたいな。

ホワイトチョコレートはリンツのリンドール。

クリーミーでなめらかな口当たりにうっとり。
濃い目のブラックコーヒーと共に優雅なひとときを過ごさせていただきました。

チョコレートのある時間はなんと幸せな時間なのでしょうか。
今年は殊更そう感じられる気がします。
特に月曜の夜は…。

ショコラが美味しそうなだけに、なんじゃこの登場人物はと毎回モヤモヤしながら見ております。

仕事は?そんなこと職場で話す?等と毎回やきもきしている次第でございます。
この辺のヤキモキを色々な方がユーモアたっぷりに熱弁を振るっているのを読み、まったくもって同意だなあとその文章の楽しさに感心したり。

私、薫子さんを支持してしまいますが、男性ではオリヴィエだよなあと思ってます。
だって花より男子の時にも道明寺ではなくて強いて言えばだけど断然、花沢類だったしなあ。
主人公を全くもって応援できない、毎回がっかりさせられてばかり。
がっかりするだけでなく苛立ちすら覚えます。

いかんいかん、楽しいことを考えよう、そうだ、オリヴィエと一緒にフランスへ行くの、良さそう。
うん、私がまつりちゃんだったら迷わずオリヴィエだ。

あ、リクドーさんも素敵ですよねえ。
きちんと仕事してるもん。

評判がよくないサエコの旦那さんですが、結構気の毒だなあと思ってしまいます。
言い方とかも良くないことがあるし、この前は乱暴で怪我させたのは良くないけど、でもそもそもサエコはどうなのさ。
なんでそもそも結婚したのさ。
そもそも論をいってしまうと元も子もないですけど、結婚すべき2人ではなかっただけなのですよね。

色々いいましたが、このドラマは爽太というか松潤の美しいシーンを心掛けて撮っているんだろうなあというのが伝わります。
オープニングの音楽なども好き。
何よりもお腹が空き、ショコラをたくさん食べたくなります。

密かに最も月9で楽しみにしているのは、リアルタイムでTwitterのタイムラインを眺めて、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんの熱のこもったストレートで愛情たっぷりのツイートを見ること。
第1話からリツイートされてきたのが面白くて、第2話からさっそくフォローしてしまいました。
来週も歌広場淳さんのご活躍を心から期待しております。