2013/08/30

FOUNDRY(ファウンドリー)


横浜そごうで夫が買ってきてくれたケーキ。
プリンが続いたので、今回はケーキを買うとしたらここしかないと思えたらしい。
FOUNDRY(ファウンドリー)というケーキ屋さん、私はよく知らなかったので調べてみたら、今年3月末にできたお店らしいです。

とにかくフルーツの飾り方が素晴らしくて惹かれたとのことで、それも私は箱を開けてみたところ全くの同感でした。
なんて美しいのでしょう。
写真の撮り方を急いでしまったので、全然それが現れてないのがお店の人に対して大変申し訳無い気持ちでいっぱいです。夫によるとショーケースで見るとその美しさに圧倒されるらしいです。
100軒以上の契約農家さんから仕入れる果物が使われているのだとか。

さて、手前のイチジクの乗っているチョコレートケーキは、濃厚でほろ苦さがとても美味しかったです。
イチジクとチョコレートってこんなに素晴らしい組み合わせなのですね。

奥のショートケーキは、プラムや黄桃、メロンが乗り、しかも間にもメロン果肉が挟んであるという豪華なもの。
どの果物も食べ頃の果汁たっぷりなベストコンディションで、これだけでも大変価値のあるケーキです。
のみならず、クリームとスポンジがふわっと口溶けがよく、至福の時間を体験できてしまいます。

横浜そごうに気軽にお買い物に行ける人が羨ましくて仕方ありません。
季節ごとに移り変わる果物の旬を楽しめるのでしょうねえ。
うっとり。


さて、24時間テレビも先日無事に終わりましたね。
実はドラマとその関連部分とエイトが出ていた部分だけはまだ見ていないのです。
それ以外の感想となりますが、とにかく潤くんの参加したタップ企画が素晴らしくて、涙が止まりませんでした。

ソロパートを担当する二人へのお話を聞く時の潤くんの眼差しの優しいこと。
私はやっぱりイケイケで俺俺な潤くんより、こういう眼差しをしている様を見るのが好きだなあ。
耳が聞こえない人たちがタップをすることの難しさは想像以上ですが、HIDEBOHさんのあの様子を見るに相当なことを成し遂げたのだなとより一層感じることが出来ました。
あ、HIDEBOHさんを見なくても素直にすごいと思いましたが、それを見て余計に思ったのですけどね。

翔くんの合唱企画で彼自身がグッと来ているのもよかったし。
パプアニューギニアの遺骨収集の話も知ることができてよかったです。
どうしても第二次世界大戦のことに心が寄せられてしまうので。

ニノの企画のニッポン調査は彼らしい軽妙なやりとりで日本各地や外国人とふれあいを楽しむことが出来ました。
何だかもう何のテレビ番組だかよく判らないのですけど。

そんな訳でドラマとエイト部分を見るのを楽しみにしています。