2013/04/17

東京:セルリアンタワー東急ホテル「坐忘」


Twitterで仲良くしてるまきまきちゃんとゆうこたんとアフタヌーンティー。
まきまきちゃんはゆうこたんとも私とも会っていて、この度めでたく3人が一堂に会することになりました。
渋谷がよいということで、私がまだ行ったことのなかったセルリアンタワー東急ホテルの坐忘を希望してみましたよ。
ガーデンラウンジのスタッフの方がとてもフレンドリーで楽しくて、美味しかったしとてもよいお茶会となりました。

アフタヌーンティーは3,200円で季節のアフタヌーンティーセット<春>Tour d' emsenble トゥール・ド・アンサンブルをオーダー。
かなりコストパフォーマンスがよいと思います。
飲み物も紅茶を始め、コーヒーやらハーブティー、中国茶、フレバリーティーなど多くのメニューから選ぶことができます。
違う季節にまた行きたいな。
渋谷はどうも苦手なのですが、こんなゆったりと寛げる空間を見つけられてよかったです。

喉が渇いていたのでまずはさらっとセイロンウヴァで。

珍しくレモン頼んでしまったのですが、入れるの忘れてしまい、すぐにお代わりのヌワラエリアで使ってみました。

サンドウィッチなどの食事系のプレートには坐忘特製サンドウィッチ。
手前に見えるのは、パルマ産生ハムのムースと旬のイチゴのデュエット。
生ハムとイチゴを合わせるのが初めてで、面白かったです。


新玉葱の冷製スープも甘いのにさっぱりしていてスターターにとても良い感じ。
桜海老のキッシュとドライトマト・バジル・松の実のパイもなかなかよかったのですが、すっかりお喋りに興じてしまい撮り忘れたのがトルティーヤとコロッケなのです。
ちょうど集合写真の向こう側にある、まんまるの小さなポテトコロッケはトリュフの香りでなんて贅沢なのでしょうか。

スモークサーモンとアボカドのトルティーヤ フレンチキャビアのアクセントは今もトロリとした口当たりが舌の上で蘇ります。
伝統的なアフタヌーンティーとは違う魅力のサンドウィッチプレートでした。

季節のオリジナルスコーンは、プレーン、チョコチップ、ピスタチオです。
奥にはデザートのプレートですが、まずはスコーンから。
スコーンに合わせてアッサムをオーダーしておきます。

手前からレモンクリーム、マーマレード、奥はバターって云ってたような気がするけど…そうだっけ?


ともあれ色々と組み合わせを楽しみますよ。


左奥のピスタチオは、ピスタチオがぎっしり詰まっていて食感もとても楽しいものでした。

最後は件の気さくなスタッフの方のおススメ、白桃のフレバリーティーでシュークリームを。

優雅なひと時で学んだのは、私にはトキメキが足りていないということでした。
みんなのトキメキを見習っていきたいと思います。