2012/03/07

東京:神田「万惣フルーツパーラー」2


以前、こちらのフルーツパーラーで万惣フルーツパフェを食べたことがあり
その際には「次はホットケーキを」と決めながらも
しばしば前を通っていたのに中々その機会がないままにあっという間に3年近くが過ぎていました。

そこへ一昨日、突然飛び込んできたニュースに愕然としました。
本店のビルが、東日本大震災で受けた損傷により、補修ではダメなレベルで取り壊すしかなく、
再建できるほどの余力がないために、24日(土)をもって閉店となるのだそうです。

このままホットケーキを食べないで終わるのは淋しいなあ。
と、ちょうどこの界隈に免許証の更新をしにいく用事もあったし、
後悔しないように思い切って行ってきました。

タイミングよく席に付くことができ、早速ホットケーキセット1,150円をオーダー。
バターと黒蜜がセットされ、コーヒーが運ばれてくると
ほどなく、こんがりと美しい焼き色の付いたホットケーキがやってきましたよ。
こんな風に焼けないのよねえとうっとりと眺めたくなりましたが、
甘い香りが鼻をくすぐるし、温かい内に食べるのがなによりですので、早速…。

下の段にバターを塗り、黒蜜を掛けて、
上の段にも…なんてやってたら、思った以上にどどどっと注いでしまい、黒蜜の海に。

何もついていない処を一切れ食べてみると、表面が少しさくっとしていて、
中はふわふわでとても軽い。
あまり甘くなくさっぱりとしています。
これは黒蜜をたっぷりと吸った状態はさぞかしと思い、
少しずらして下の段から食べることにしました。
香ばしい甘さと、生地の軽さにすうっと馴染んで美味しいです。
バターの塩気も他の要素を引き立てていて、…2枚どころか何枚でも食べられそう。

列もできていたし、一人客だったので食べ終わったらさっと席を立ちました。
いやはや、大満足です。
ご馳走様でした。
どこかに受け継がれるといいのに、残念でなりません。

いろんな方から、小さい頃からよく食べていて大好きな味ですというお話を伺い、
まるで故郷の味を懐かしむ気持ちにも似ていて、
老舗の味を懐かしむっていいなとすら感じてしまいました。
それはまたいつか食べられるからこそ、心安らかに語れるのであって、
もう食べられなくなると思うと複雑ですよね…。

実は1月に銀座松坂屋店にはランチにアボカドとロースハムのサンドイッチを食べに行っていました。

載せなきゃと思いつつ、ダラダラと月日を過ごしてしまったことも反省しております。
ロースハムが分厚くて美味しいなと思ったものです。
こちらは既に3月4日に閉店してしまっているとのこと。

更に丸の内のお店も、4月15日で閉店してしまうそうです。
ちなみにホットケーキは本店でのみのサービスとなっていますのでご注意を。