2011/11/02

小田原の梅


ヒルトン小田原へ小旅行。
お土産として気になったこちらの金目鯛せんべいを購入しましたが
この梅も気になって1個ずつ買ってみました。
梅干が大好きなのですが、最近は減塩とか甘いのとかが多くて
購入をすることは基本的に少なくなりました。
手作りのきりっとした酸っぱい梅干じゃなきゃ。
たまに夫の母から貰えると、ラッキー。

じゃ、自分で漬ければといいのに、というのは重々判っていますが
夏場は非常に高温になるマンションの我が家ではいささか心配で。
という話を野菜ソムリエ講座のときに話したら、
実際にマンション暮らしの方が「やっぱりカビが生えました」と仰っていました。
そうでなく作れる方もいらっしゃるかとは思いますが、自信がないのでした。
なんていいながら、意外とひょっこりできたりして?

で、ヒルトンのショップでは、一つずつバラで包装された梅も売られていました。
ご飯に乗せるんじゃなくて、お茶請けにするタイプの甘いタイプ。
2種類あったので、一つずつ購入してみましたよ。

左が、かながわ名産百選に選ばれた「曽我の曙」、
右が、「梅の宿」。

私も夫も梅の宿がすっきりとした酸味があって好みでした。
甘さに傾くよりは、梅の酸味が強い方が好きみたい。

箱詰めされているタイプのお土産お菓子って、個別包装されてるものは
1個ずつでも売られていると嬉しいなあ。
配るだけじゃなくて、ちょっと食べてみたい、でも12個も要らないのよ、
なんてことはよくありませんか?
試食があるとも限らないし。

以前、空スイーツが出てきて嬉しいなと思ったポイントもそこ。
自分のために一個購入して、機内で食べられるのがいいなと思いました。

夫の帰省に伴ってよく使う姫路駅の新幹線の改札口そばのお店では、
レジ横に数種類の個別包装された地元の銘菓が売られていてよく利用します。

ぜひ、少しだけでも販売していただきたいものです。
購入する機会は増えるんじゃないのかなあ?