2010/06/17

東京:千疋屋 宮崎マンゴーのシブーストなど


なんといいますか、黄色いケーキでお祝いしたのは、
勿論判る人には判る、黄色担当の方でございます。

最初は何かお菓子を作ろうかなと思ったのですが、
いや待て、パン好きとしてはパンで表現すべきではないか、ということに気づいたのが
昨日の夕方。
パン教室を開催する夜でしたし、もう何も考えられなかった為、断念しました。

で、こんな日のためにちょいと奮発して、果物のおいしい千疋屋さんで買い求めました。

しかしながら夫の帰宅はまだな為、いつもでしたら半分ずつ食べる処ですが
流石にそれはみっともない状態になってしまいます。

一時、夫は「シブースト」に興味を持っていたので、宮崎マンゴーのシブーストは譲ることに。
一切れだけつまんでみたら、濃厚だし果汁も豊富で実に良いマンゴーだなあと
感動してしまいました。
今度は私もこれを買ってみよう。

後で夫の感想を聞いてみたら、なんせマンゴーが美味しかったとの事。
シブースト部分にはラズベリーソースが入ってて、その組み合わせも鮮やかで綺麗でした。
私は残念ながら、その時は食べる状況に無くて全く味見できず・・・。
本当に買ってきたくなりました。

私は、ピスターチュ。
ナッツが入ったビスキュイに、ピスタチオのムース、甘夏のゼリーで組み立てられた複雑な構造で、
幾重にも異なる風味や食感が現れてきて、とても楽しいケーキでした。

合わせたのは、ダージリンをオンザロック方式でアイスティーにしました。
きりっと急冷すると、色も風味も損なわずに、おいしいアイスティーができます。

何かしら華やかなお祝いムードのある黄色いイメージのパンは
来年に向けて開発することにします。
ひとまず、8月には以前から企画していたパンの嵐の黄色篇、日程も決まりました。
お会いできる方は、是非一緒にうだうだトークしながらコーンパンを焼きましょう。

マネキンのニノのコーディネートが凄くツボでした。