2010/04/15

東京:千駄木「結構人ミルクホール」


いわゆる谷根千と呼ばれるこのエリアはよく散策するのですが、
こちらのお店には全く気付いていませんでした。

週末のウォーキングの途中。
看板に気付いたときに、コーヒーのいい香りが既に漂っていたので、
入ってみることに。
静かな店内は、お一人様向けの読書空間でしたが、
運よく二人席も空いていたので、そちらで身を落ち着かせて。

店主のこだわりがメニューにも相当に感じられ、
夫はヴァローナ社の脂肪分22~24%カカオパウターを使ったガトーショコラと
北海道で唯一無殺菌を許されたという想いやり生乳を。
幕張本郷のサンク・オ・ピエで覚えたヴァローナ社がここでも!と
一番に決めたようです。
この濃厚なコクがたまりませんね。

私は、浅草ペリカンのトースト。

なかなか浅草に買いにいけないので、いい機会でした。
私も愛用しているよつ葉バターを付けて食べる、ほっとする味です。
わが家か、ってなもんです。

カフェオレも、先ほどの生乳を使っていて、
アイスでもとても深みのある味わいを楽しめました。

独特の昔のBGMが静かに流れる薄暗い店内。
この日は朝からかなり歩いて疲れていたため、壁に寄りかかって
ついウトウトと午睡してしまいました。
出来るまでに時間がかかります、といわれたのでそれも好都合。

美味しいコーヒーと食べ物で、すっかり元気になり、
朝から合計25kmのウォーキングをして、心地よい疲れを味わったのでした。