2010/01/01

東京:神田「天野屋」


あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年内のおやつの時間。
神田明神の天野屋さんと云えば甘酒に決まっているのだけど、
この日は30kmを目標に東京散歩をしていて、とにかく甘い物が欲しい午後でしたので
私は田舎汁粉650円。
お餅を焼くのでちょっと時間がかかると云われましたが、
ふーっとそれまでの徒歩の疲れを感じながら放心状態になってると
そんなに待った気はしなくて、湯気を立てて美味しそうなおしるこが運ばれてきました。
御膳汁粉と田舎汁粉があれば、断然あずきの粒が残る田舎派です。
甘めの味付けが五臓六腑に染み渡り、その熱さで体もぽかぽかになり、
お餅でパワーを貰いましたよ。

夫は、メニューにあれば大抵頼むわらび餅。

餡入りで珍しいタイプ?

今度は甘酒を飲んでみたいと思います。
お手洗いのそばにある、土室の写真なども興味深いですので、行ってみる価値あり。
実際のものも見学してみたいなあ。


録画がうまくできてるか心配ですが、ある程度は大晦日の嵐番組は観ることができました。
なんせ夫の実家で母も弟も揃ってなので、格闘技を観る男子、
ダウンタウンも気になる、とりあえず紅白もどんな感じかと云った具合にあちこちザッピング。
ひとつの部屋でひとつのTVに対してああだこうだみんなで云うのが
懐かしい感じでした。
あの話題のシーンをちょうどリアルタイムで見て大爆笑したりもね。

どうかどうか、録画がうまく出来ていますように。

カウコンもカウントダウンくらいまでで就寝。
今朝は5時からみんなで起きて、朝の新年のお祝いをしました。

夫と私は近所の小高い山に初日の出を拝みに、軽い山登りをしに行きました。

まだ月が煌々と照らしている夜明け前。


なんという冷え込み、腿が感覚無くなるくらいに冷たくなりましたが
登っていくうちにほかほかに身体が温まってきました。
勝手に登るのかと思ったら、地域の人達で一斉に登る行事に参加することになって、
5,60人くらいで連なって頂上を目指します。

初日の出の時間には丁度良かったのですが、あいにく雲が出ていて、
山の端からピカーッと輝く形ではなく、雲の高さの分だけタイムラグが発生。
それでも雲の上の方が光り輝いてくると、なんだかわくわくして
いざ太陽が現れると、わーっと歓声が上がり、盛り上がりました。


いいものですねえ、今年も頑張ろうと改まった気分になりました。
帰宅してからは冷え切った身体を温めてたら、そのまま二度寝・・・。
いい加減起きて、そろそろ初詣に行きますか。