2009/12/09

オンザロックでアイスティー


夏の前半はずっと麦茶を作って冷やしていましたが、
在庫がなくなると、今度はアイスティーを作っています。
涼しくなってから一旦やめたのですが、ちょっと喉が渇いて
冷たいものを飲みたいなと思うことも多くて、復活しました。

麦茶の場合はお湯を沸かしてティーバッグを入れて少し煮出して、
冷えたら冷却用のポットに入れて、冷蔵庫へ入れますが、
紅茶はそういう訳には行きません。

経験があるかと思いますが、熱い紅茶をそのまま冷ますと
クリームダウンといって濁ったような水色になってしまいます。
そこで使う手法は、オンザロックの急冷式なのです。

アイスティー用として今使っているのはPGtipsですが、
ディーバッグと侮るなかれ。
濃い水色に、紅茶らしい味と香りがします。
庶民派なのも嬉しい限り。

普通のティーポットに一つ、テトラ型のティーバッグを入れ、
ぐらぐらに沸かした熱湯を注ぎます。
蒸らしている間に、ガラスのポットに氷をみっちりと詰めます。
時間はいつも適当ですが、最低でも3分は経ってから、
ティーポットから氷で満たされたガラスのポットに紅茶を注ぎます。
一回では一杯にならないから、熱湯をまた白いポットに注ぎ、
抽出してから更に注いでいきます。

がしゃ・・・と音を立てて崩れていく氷の音がたまらなく好き。
って書きながら、大昔にも同じこと書いたなあ。
アールグレイのアイスティ

アイスティーにはアールグレイが定番、と書いているのは、
最近出ているレディグレイ、その他の着香茶(アップルティーとかピーチティーとか)は
香りが強く、茶葉の香りがしないのが好きではないから。
アイスティーとしてなら香りが抑えられてちょうどよいよね、
と思っています。

でも、若い頃に読んだ新井素子さんの影響も受けてます。

ちょうど今切れているので、作ろうかな。
自分で作るのでないと、なかなか外では飲めないのでしばらく続きそうです。