2009/06/18

東京:トロンコーニのレギュームなど


駒込のトロンコーニ、気になりつつようやく購入。
サイトで知った、パティシエの方の明確なポリシーがいいなあ、と。
旬を大切にするってのが一番の共感ポイントで、
お店でのケーキ選びが楽しみでした。

まず私が選んだのは、右側のレギュームというなすのムース。
茄子ですよ、ケーキに茄子って発想がすごいです。
考えたら、なすってそれ自体にあまり味がないので、
ムースにも馴染みやすいのですね。
いやいや、誰もが簡単に扱えるわけではなく、確かな技術があってこそなんでしょうけど。
しょうが風味もほんのりとして、とてもおいしかったです。

左奥は、トマトムース。
見た目がまず可愛い。
バジルのムースをトマトのムースで包むという構成で、
食後のデザートと云うよりは、前菜で出てもいいかなあと感じました。

夫の選択は、チェリーのタルトと、レアチーズケーキ。
私は期せずして、二つともムース(しかも普段そんなにムースを好まない)なのに対して
彼のは両方タルトの台がついていて、それがまた好みの味わい。

で、チョコ系も食べたいなあと思い、間をおかずにまた買いに走ってしまいました。

左下は夫が選んだ、ショコラティーヌ・・・だっけ?

これは私にとっては残念なことに、クリーム部分にバナナの風味があって、
苦手だったのですが、ココアスポンジは絶品でした。
クリームが違う味だったらなあ。

私が選んだのは右下のケーキ。
ホワイトチョコやミルクチョコなど、様ざまなチョコレートの味を楽しめて
これは一度にフォークを縦に入れて全ての味を一挙に味わいたいです。

置くのフルーツたっぷりのタルトにも、カスタードクリームの中に更にチョコクリームが。
タルトは彼と半分こでした。
一通り全部食べたいなあ。


昨日のニノの誕生日に際しまして、逆にニノからお礼のメールが配信され、
わーなんて嬉しいファンサービスなんだろうと感激感心してしまいました。
自分で「ニッキ」って云っちゃってる辺りも、何だかニヤッとしてしまう。

あの携帯の会員制サイトも、ニノの日記が終わっちゃうんじゃもういいかなあと
そんな気持ちを抱えつつも、翔くんの文章に引き込まれていました。
太一くんとか、イノッチとかのも時々読んだりして、へーと思ったりして。
お台場がまた再開発で、観覧車とかZeppとか一旦なくなっちゃうなんてのを
知りましたよ、TVでもやってたらしいのですが、観てないので。

最近では、関ジャニの丸ちゃんとか横山くんとかがとても楽しみにもなっています。
丸ちゃんは、大ちゃんのドラマ歌おにで共演したため、初めて認識したのですが
彼のブログの魅力は、なんせ食事の写真が多いこと、
内容がポジティブで明るい気持ちにさせてくれること、
そして言葉って大事だなあとしみじみ思わせてくれること。
いつもお決まりの最後のフレーズが、ほっとするんです。

対して、横山くんは、ふてぶてしそうな風貌(失礼)とは裏腹に、
めちゃくちゃ謙虚でナイーブな感じがよく見えるのが興味深いです。
面白いので、クイズショウ期間限定だなんていわずに、
是非続けて欲しいものです。

二人とも関西弁で書かれてるってのもいいなあ。

しかし…。
久々にニノの文章に触れると、
やっぱりゲームニッキ再開をついつい望まずにはいられませんな。