2009/05/22

神奈川:リリエンベルグの日向夏のクグロフ


新百合ヶ丘に遊びに行った時に、リリエンベルグにも立ち寄り、
日向夏のクグロフを購入しました。
なんとも初夏の爽やかさを感じる、清々しい焼き菓子です。

日向夏のピールも自家製なのだとか。
少しずつカットしては「もう少し・・あと少し・・!」と、
どうにも私ばかりが食べ進めている気がします。

クグロフって、クリスマスにこんな風にしか焼いたことがなかったのですが、
リリエンベルグのクグロフを見て、季節の楽しみ方を教えて頂いた気がします。
バターケーキをクグロフで焼いて、フルーツトッピングして遊べるんだなあ。
自分では勇気のいる、アイシングの量ですけどね。
ふふ。

ルバーブのタルト380円も絶品でした。

ハイナップルとあわせて、全体的に甘酸っぱさの勢いがあって、
暑い昼下がりにはピッタリですね。
ケーキ類も意外とリーズナブルで吃驚しました。

優雅な住宅地の中にあり、お店の世界観がとてもしっかりと作られていて
素敵でした。
うっとり・・・。
ティールームもきっと期待通りなんだろうなあ。


今日は、嵐がMステに出て、Crazy Moonの方を披露していました。
なーんか皆一様に疲れ果てているような気がして、
5人に漂う空気も何処かピリピリと伝わってくるようで心配になりました。
松潤だけは終始気を張って(遣って)いましたが、
特にニノが全くもって、テンションが低く、心ここにあらずな印象でした。
翔くんですら、何となくひな壇で無表情で呆然としているような。
相葉ちゃんと大ちゃんも、そもそも後ろで大人しくしている人たちですし。

歌の時もちょっと刺々しい、・・・映像で見る昔のニノのような
ARASHIのPVのような、ちょっと突っ張ったようなそんな感じ。
あー何だかうだうだと書いてしまいました。
エンディングでも一人離れていたのも、凄く凄く気になったし。
杞憂だといいな。
私だけなんだろうか、こんなのを思ったのは。


そうそう、ひみつのアラシちゃんが、ひみつの嵐ちゃんにリニューアルすることに。
よく我が家で、SMAP×SMAPみたいに、嵐×嵐にすればいいんじゃ?
なんて話したりもしていたのですが、なーんとなくそんな感じ?
何はともあれ、来週を観てから、ですね。

金曜は特にハッピーでいたいので、Mステで今ひとつ盛り上がれなかった私は
今から始まるスマイルに耐えられるだろうかと不安です。
なんだか弱気な私ですみません。