2008/05/01

甘夏マーマレードケーキ


甘夏マーマレードを作ったので、それを混ぜたケーキも焼き
マーマレードの苦味が苦手な夫は食べられないので、
一日一切れの約束を自分にして、一人でいそいそと食べていました。

参考にしたのは、北野佐久子さんの
季節を楽しむイギリスのお菓子

イングリッシュブレックファストで濃く淹れたミルクティーを
ポット一杯用意して、温めなおしたバターケーキを一口ずつ食べるのが
本当に贅沢なことだなあと思います。

昨日、ようやく農林水産省が家庭用バターを増産するよう、
大手の乳業4社に要請して、昨年の5月と同等の量を供給できることになるとか。
去年の夏には明確に「足りない!」と認識してたけど、春頃はどうだったっけ。
そもそも原料の生乳が不足しているのだから、これは一時的な話?
でもなんでここ数週間、急にニュースになるんだろう。
もっと前から不足してるって、業界でも大きな話題になっていたのに。

私はやっぱりこの風味が好きなので、バターは使う派。
ショートニング、バター風味のマーガリン、バターをそれぞれ使って同じ条件で焼いた
食パンを食べ比べしたけど、圧倒的にバター使用のパンが美味しいと感じました。
だから不足すると、実に心許ない。

バターが一番利益が少ないから、生産が後回しになるらしいけど、
需要はどの乳製品が一番多いのでしょうね。
牛乳は減っているとは聞きますが、食卓に上る機会は意外に多いらしいです。
牛乳として飲むよりも、飲み物に入れるとか、料理やお菓子に使うとか、
素材としての利用回数はとても多いことに、驚きました。
食の達人講座で習ってみて、「ほ~」と思ったことの一つでした。

ひみつのアラシちゃんが、面白くなってきました。
情報番組はいくらでもあるので、アラシちゃんたちが何かした方が
断然面白いです。
抱腹絶倒。と嵐ファン以外の人も楽しんでくれてるといいなあ。