2007/11/22

東京:四谷3丁目「フクナガフルーツパーラー」


こちらのフルーツパーラーを教えて頂いてから、機会を伺いつつ、ようやく行って来ました。

果物屋さんの2階、昭和の懐かしい佇まいの喫茶店。
パフェは、おすすめフルーツ、チョコバナナ、キウイ、メロン、季節のフルーツのラインナップから選びます。
季節のフルーツは、洋梨でした。
フルーツか、洋梨かで悩み、一緒に行った友人がまだ今年は美味しい洋梨を食べてないとのことだったので譲り、私はフルーツにしました。

注文を受けてから、丁寧に作っている様子がお喋りしてる間にも感じられて、期待も高まります。

やがてパフェが運ばれてきました。
たくさんの種類のフルーツが詰まっているらしいので、食べ進めるのが楽しみな、この盛り付け。
まず大胆にグレープフルーツのホワイトが。
瑞々しい果汁を口いっぱいに含み、食欲がそそられました。
ぶどうもすこぶる甘くて驚き。
生クリームも爽やかで、密かにもっと食べたい気持ちに。

その下には、なんとメロンがぎっしりと詰まっていて、ゴージャスさを味わったら、キウイ、バナナ、赤ワインのコンポートになった洋梨、柿、ざくろと詰まっていました。
柿は、私の好みのしゃきしゃきとした歯ざわりで、ストライクゾーンです。
バニラアイスクリームが、懐かしいほの甘さで、変わらない味なんだろうなあと予想。

洋ナシのパフェにも大胆な洋梨(ル・レクチェだっけ?)の盛り付けが…!

ざくろを丁寧に処理した粒々が可愛らしいったら。
洋梨のシャーベットや果肉、また同じくバニラアイスクリームが入っていて、贅沢な一杯です。

退社後の早い時間帯に入り、お客さんは最初私たちだけだったのに、あっという間にお客さんが次々とやってきて、席が埋まっていきました。

量もお値段も程よくて、フルーツが700円、洋梨が950円。
有効期限無しの、チェックシートを貰い、全パフェ制覇を夢見る私たちでした。

今後の予定を書き出すと・・・
チェリー、桃、プラム、いちじく、ぶどう、洋梨、柿、いちご、パパイヤ、マンゴー、チョコバナナ、キウイ、メロン。
最初に食べたパフェには、小さな初心者マークのシールを貼ってもらい、なんだかウキウキしてしまいましたよ。
もうすぐ柿のパフェになるそうです。

主にパンの話が尽きなくて、店を合計2回変え、3箇所でお喋りを続けた夜でした。
また近いうちに・・・なんて思いながら、あっという間に月日が経つのはいつもの事とはいえ。

追記:ちなみに、この次に訪れたのは、この季節でした。