2007/10/31

坊ちゃんかぼちゃの丸ごとパンプキンプリン


高原マーケット かようで購入した野菜セットには、
直径12cm高さ6cmの可愛らしいサイズの坊ちゃんかぼちゃも入っていました。

ハロウィンか~と斜に構えてはいましたが、
結局かぼちゃを楽しんでしまえばいいのではとの心の決着を得、
農薬の問題も軽減されているとの信頼から、 丸ごとパンプキンプリンを作ってみました。
量は適当なんで、今後また変化したレシピでやるかもしれませんが、
今日はこんな感じで。

まずは洗ってラップで包み、電子レンジで加熱します。
皮が少し柔らかくなったら取り出し、まずふたとなる部分を水平にカットします。

本体は、種の部分をすくって捨て、次には1cmくらいの厚みを残すようにして、
注意深くスプーンで取り出し、マッシュしておきます。
今回は80gになりました。

別途、牛乳を150cc電子レンジで温めます。
電子レンジで温めるのは、沸騰させないで済むからとても便利なのです。
そこへグラニュー糖12gを溶かしました。
今考えると、牛乳は100ccでもよかったかなーと思ってます。
プリン液が余って、右側のグラスに急遽注いだので。

マッシュしたかぼちゃに砂糖入りの牛乳を少しずつ注ぎながら
滑らかになるまで混ぜます。
すっかり混ざったら、卵を1個割りほぐし、これも滑らかになるまで混ぜます。

バニラエッセンスを垂らして、かぼちゃの本体に注ぎます。
漉した方が生地が整って滑らかになりますが、ズボラな私はそのまま。

湯気の上がった鍋で蒸しあげて出来上がり。
愛用のル・クルーゼで蒸しましたが、グラスの方が20分程度、
丸ごとかぼちゃは30分程度かかりました。

グラスの方だけ食べてみましたが、やっぱり牛乳はもう少し少なくてもいいかなあ。
かぼちゃバージョンは、配偶者が帰ってきてからにしよう。
もしくは明日の朝ごはんだ。

カラメルソースを作ったり、シナモンを入れればよかったかなあと思いつつも、
レシピブログのモニター企画で頂いたハーシーチョコレートシロップを掛けるので、
そのままにしてみました。

そのままでもかぼちゃの甘みが強く、パンプキンプリン部分はややあっさりと。
ハーシーチョコレートシロップを掛けると、シロップの甘さより
チョコレートとしての苦味がとてもいいコントラストになっていて、美味しかったです。


そそ、折角ハロウィンなんで、一応乗っかって、顔を彫ってみました。
野菜ソムリエ日記にその画像をアップしております。