2007/07/08

福岡:天神「凪州屋」


福岡県は那珂川町で温泉、ランチ、休憩ときた後は、天神にて買い物をし、
叔母と別れて、こちらでかき氷を。

凪州屋かああ・・・。
懐かしいー!
その割には、殆ど足を踏み入れたことが無かった、幼い二十歳過ぎの私でした。
近所の会社でOLしていて、「和菓子屋があるなあ」と認識しつつも、
ピエトロのパスタだとか、どこそこのケーキだとか、洋風のものに走っていて。

今にして思えば、折角近くだったんだからもっと通っとけばよかったのに。
でもそんなことは、後から思うことなので、仕方ありません。
老舗の和菓子屋さんだけど、当時ワッフルも確か置いてたんですよね。

すっかりモダンにリフォームされて、和カフェの様相を呈しているこちらにて、
私は氷ぜんざい680円を頼みました。
そうか、小豆を大胆にざっくりと和えてもいいのですね。
自宅でも真似しよう。

配偶者は、氷宇治に練乳トッピング680円。

結構ミルクだくだくで、嬉しそう。
手動のかき氷機が厨房に見えたのですが、クラッシュに近い氷質なのは何故・・。

この店舗の難点は、お手洗いが中に無いこと。
一旦、外つまり往来に出て、ぐるりと回って
入居しているビルの奥にあるトイレまで行かなくてはなりません。
だったら、もうお会計済ませて出て、近所のイムズの可愛いお手洗いに行くかなあ。

考えたら、天神界隈に甘味処ってあまりない気がします。
今でもそうかな?
川端の方に行けば、ぜんざい屋さんがあったけど・・・。
カフェとかケーキのお店の方が、圧倒的に天神界隈には多いような。
県民性? ・・いや市民性?