2007/06/28

東京:神楽坂「cafe Patio」


友人と久々の平日ランチ、彼女のご希望で神楽坂にてフレンチを。
初神楽坂とのことで、案内しつつ、気になっていたブラッスリー・グーにて、メニューAを頂きました。
こちらは昼も夜も予約が一杯で、一度振られて今日にリスケした次第。
本当はこのお店でも、一ページ更新するつもりでしたが、お料理を目の前にしてすっかり忘れて、パクパク食べてしまい・・・。

前菜は、黒板に書かれたメニューからニース風サラダを選びました。
アンチョビが効いていて、いけるクチの方ならば白ワインを飲みたい筈。
友人は生ハム入りのえびのサラダで。

メインは、彼女は牛ホホ肉の煮込み、私は本日のお魚でスズキのポワレ。
どのお皿もボリュームたっぷりで、美味しくて大満足です。
1050円の気軽さが、たまりません。
最近はこういう気軽なランチをするのが、とても楽しみになりました。

その後は、神楽坂散策。
通りすがりの神楽坂ピービーズと云うニュージーランド産生はちみつ専門店に立ち寄り、はちみつ三昧でした。
シークヮーサーの飲み物に始まり、様々なはちみつを試食し、
悩みに悩んだ結果、お得なシークヮーサージュースとまむし花の生はちみつを購入。

この果汁は希釈タイプなので、ジュースに入れて変化をつけようという算段。
朝ジュースに、ひときわ酸っぱさを取り入れますよー。
はちみつも切らしていたので、ちょうどいいけど、美味しいのでそのままパンとかに塗りそう。
あ、ハニーブレッドも焼かないとね。

散策を続けましたが、暑い暑い…。
(後から知ったのですが、今年一番の暑さだったとか)
路地をうろうろして見つけた普通のお宅の一階を改装したカフェで、小休止。
コーヒーに自信ありそうだったんですが、とにかく炭酸がほしくて、私はレモンスカッシュ。
レモン果汁たっぷりで酸っぱく、炭酸もありで、すっかり涼を取れました。
赤いチェリーが無い処も、好感を持ちました。
友人は、懐かしいソーダ水。

マダムも常連さんらしい方々も年配層で、わんこのお散歩途中で立ち寄る方もいて、路地裏の、知ってる人だけがやってくる感がとてもよかったです。
こういうお店が出来るといいなあ、自分で。

そして今日から、とうとうビリーズブートキャンプに入隊しました。

汗だく! 動きが早い処とか、腹筋部分とか、付いていけないとこもありましたが、なんとか基礎ディスク、全ういたしましたよ。
ヨガ的なポーズもあったりして、ふむふむー。
少しでも続けられるかしら。
週末には、配偶者にも入隊して貰いましょう。

追記:後で知りましたが、こちらのカフェは二宮和也くんが主演したドラマ「拝啓、父上様」のロケ地だったとか。
そういえば、神楽坂が舞台だったんですよねえ。
神楽坂好きとしては、観なくて残念なことをしたなあと思ってみたり。
ドラマ見るのがもう面倒だと感じてたんだけど、DVDがレンタル開始されたら、観てみようかしらん。