2007/06/15

ペプシアイスキューカンバー


完全にネタで、のっかってまーす。
買うつもりは無かったんだけど、配偶者がノリで「これ買おーよ」と云って来たので。

きゅうり味なだけであって、果汁は一切入らないのがお約束とはわきまえつつも、
合成の、しかも甘いし、きゅうり風味演出で青臭さも添えられ、
なんとも云えないお味でした。

発売元のサントリーによると「炭酸市場を活性化させたい」とのことで、
いろんなメディアやサイト・ブログで取り上げられ、
我が家ですら一本買ってみたり、こうして記事にしてアップするのだから、
狙い通り活性化は図られたことでしょう。

イギリス好きにとって、きゅうり、飲み物、とくれば、
夏の定番カクテル:ピムスを思い浮かべる方も多い筈。
きゅうりが入ることで、私もひるんだ者の1人ですが、
たまたま連れていって貰ったお店では、きゅうりが入ってなくて、
ほっとしたやら、折角なら試したかったやら。

アルコールに弱い私にも、美味しく頂くことができるカクテルです。
ハーブやらスパイスやら、果汁のエキスやら入っていて、
アルコールとは云え、わきまえて飲めば、薬にもなりそうな感じ。

しかし、何故きゅうりなんだろう。
アフタヌーンティーーのサンドウィッチの定番として、キューカンバーサンドウィッチを食べるくらい、
イギリス人はあまりにきゅうり好きなんで、旬を楽しむ手段として
カクテルにも入れた次第・・・だったりするんでしょうか。

ピムスNO.1は、簡単に手に入るし、懐かしい味を再現できてしまうわけです。
750mlはちょっと多いなあ、3倍に薄めるし、一人では飲みきれない気が。
もしくは珍しく夜な夜な飲んじゃいそうだわあ。