2007/03/02

東京:王子「The White Fox」


そもそもは、仲良しパンの先生のことちゃんと、初めての晩ごはん。
上野に先月できた自然食ビュッフェレストラン「大地の贈り物」で
優しいお料理をたっぷり食べ、飲み放題の梅酒を飲み、お喋りしました。
じっくり話してみてお互い判ることはたくさんあり、
あっという間の2時間、満腹ではちきれんばかりのお腹を抱えて、
でもお喋りは足りなくて、また次回にね。

と云うのも、配偶者がひょんな感じで仕事が終わって帰るとの連絡を受け、
待ち合わせることになったため。
当然彼はお腹ペコペコで登場。
サイトを見て気になってた王子駅前の
雰囲気のよさげなレストランに行ってみることにしました。

イギリス人のフレンチのシェフとその奥様の二人でなさっていて、
こじんまりした中にも温かさを感じる雰囲気。
彼はギネスをホタテのグリル 味噌風味のアイオリソースとさつまいものチップスと
イベリコチョリソーのあぶりで。
私はアッサムティーをミルクで、そしてデザートに
ブラックライスプディング、ショウガとライム風味のパイナップルを頼んでしまいました。
なので、夜お茶として分類してみました。

ライスプディング、初めての味です。
黒米のもちごめをもっちりと炊いてるんだけど、ショウガとライム風味のパイナップルが
さっぱりとさせているのです。
甘さはパイナップル部分が補完して、不思議に後を引くハーモニー。
私は基本的に満腹なので、彼にも殆ど食べてもらいましたが、
彼も大絶賛です。

お料理の量は軽く、その分お値段もリーズナブル。
盛り付けも洗練されています。
ホタテもとてもおいしかったよう。

マダムの気さくな接客も心地よく、これから気軽に一杯引っ掛けに行くもよし、
ちょいとお茶しに行くもよし。