2006/12/08

東京:銀座「The Tea Room」


かなり長いことこのサイトを見て頂いている方と数年越しのご対面。
今日はティファニービルのこちらのティールームで行われたSpode主催のミニセミナーに誘って頂きました。

まずは、個人的にインドカレーを食べたかったので、グルガオンにて3色カレーランチをお供にあれこれをお喋りです。
彼女は、有難いことに私のプチ留学記をご覧頂いていて、更には最近彼女もプチ留学を実行なさったとのことで、そのお話はとくに興味深かったです。
イギリスの田舎の風景が目に浮かぶようでした。

いよいよティファニービルへ。
スポードの様々なシリーズを見て、食器心にも火が付きつつ、しかしながら現状の我が家では到底陳列する場所も無く、いつの日にかと云い聞かせつつ。
食器もよいのですが、ハンパー(バスケット)も素敵でした。
ハンパーにいろんなもの詰めたプレゼント、なんてお洒落なんだろう。

さて、ザ・クイーンズフィニッシングスクール校長佐藤よし子さんのミニセミナー、
「スポードと英国のクリスマス」についてのお話がありました。
スポードのカップでサーブされたミルクティが冒頭の写真となります。
ビスケットたちもミルクティにとてもよく合って美味しかったです。

ロココ調のインテリアのティールームは、ゆったりと出来る空間で、予約制のアフタヌーンティーでもさぞ寛げそうだなあと感じました。
セミナー後も同じテーブルの方とお話をして、なんとその方はロンドンでリンボウ先生のすぐ斜め前に入れ違いでお住まいだったとかで英国話にも花が咲きました。
フラワーサロンを主催していらっしゃる方で、立ち居振る舞いなど、なるほどと思わせる雰囲気。

彼女たちが先に席を立ち、更に私達はお喋りを続け。
一度こちらのティールームに来てみたかったので、その点でも嬉しかったなあ。

後はフレッシュジュースを片手に丸の内カフェで、仲通りの街路樹のイルミネーションが付いた後までずーっとお喋り。
初めてお会いしたのに、すごく共感することが多く、私の事を話してるの?と何度思ったことか。
また遊びましょうね。