2005/08/08

東京:パークハイアット東京「ニューヨークグリル」


昨日は、とある夫妻を訪ねて新宿のオフィスを訪問、
とある重要な書類に署名や捺印を貰い、
パークハイアットのニューヨークグリルでランチをご馳走になりました。
ホテルが出来て10年、やっと憧れの最上階のレストランで食事だ~と
出掛ける前からすっかり気持ちがはしゃいでおりました。

土日のランチはスパークリングワインが付いてくるので
まずは乾杯、その後のワインは赤を。
(でも私はスパークリングワインを飲み干すのがやっとでした・・・)

前菜は、ビュッフェテーブルから好きなだけお皿に盛るのですが、
ミックスリーフのサラダやシーザーサラダ、トマト&モッツアレラサラダをはじめ
スモークサーモン、カツオのたたき、鰻の蒲焼?、チキンのグリル、
きのこのソテー、などなど、これだけで立派なランチプレートができてしまう勢い。
美味しいね、と口々に云い合い
一皿にてんこ盛りにした奴を平らげると、
「若い人はお代わりしなくちゃ」的な場の雰囲気に、
若くないんだけど野菜中心のお代わりをしました。

メインは、みな違う物をオーダーし、
少しずつシェアをしようねなんて話もしてたのに、
それぞれ自分のお皿の物が美味しくて、
暗黙の内、自分の分がなくなる次第。

ちなみに私は
仔羊背肉とズッキーニのピューレ オリーブヴィネグレット。
そのほかには、このようなラインナップ。
アスパラガスの冷たいスープ 車海老のグリル添え(これと凄く迷った)、
市場からの鮮魚 トマトライスとマンゴサルサ(昨日は真鯛でした)
ビーフリブアイのグリル 枝豆のサラダ 香ばしいトマトソース(存在感あり!)

メインの後はお楽しみのデザートビュッフェ。
チョコレートムースや、ガトーショコラなど、チョコレート系が
飛びぬけて美味しく感じました。
何よりも最高だったのがこの後でお代わりしたプラムのシャーベット。
果物を齧った時のあの酸味がぎゅーっと再現されてて、
爽やかな後味が口の中に行き渡ります。
最後はコーヒーでほろ苦く締めくくり。

美味しいお食事と楽しいお話を有難うございました。
お陰さまで今日、嫁に行きました。