2005/02/27

東京:丸の内「Paul」


友人が、もしかしたらご主人の転勤で関東を離れるかもしれないので、確実に今の内にお会いしましょう、と昨日ランチ&カフェを。
快活な楽しいお喋りで、あっという間の午後が過ぎて行き、充実のひと時となりました。

まずランチは、東銀座の韓国薬膳「はいやく」 で薬膳ランチ一汁八菜をオーダー。

アサリの出汁の効いたスープは
弾力があって口当たりの滑らかな豆腐にもよくあいました。
寒い日だったのでこれでまずは身体も温まり。
一番興味があったのは、十二穀飯。
二人で見て判る範囲はお互い言い合って確認しましたが、その他は何だったんでしょうね。
最後にゆずシャーベットが運ばれ、一段落した後、韓国茶にも非常に惹かれ、Annaさんは本場の柚子茶、私は梨茶を。
甘さと果物の爽やかさで、これだけでもデザートとして満足できそう。

辛い物のオンパレードだと私にはきついのでこの薬膳ランチはとても適度でほっとするものでした。

そしてカフェに行こう!と京橋のとあるチョコレートなカフェを目指しましたが、2時間待ちと聞いて大層驚き、パシフィックセンチュリープレイス丸の内の1FにあるPaulへ。

ショコラショーと、タルトレットシトロンでケーキセット。
大変お得な価格でここでも吃驚。
ずっしりとカカオのコクのあるショコラショーは、爽やかなレモンのタルトと相性もよく。

喫煙と禁煙の席が一応別れているとは云え、接近してたのでどうかなあと一瞬心配しましたが、気になりませんでした。
天井が高いせいかしら?
韓国料理のお店もそうでしたが、天井が高いと開放感があって休日の午後を寛ぐにはとてもよいロケーションです。

ここんとこどうしても間に合わない仕事があり、水木金と10時半や11時過ぎまで残業してヘトヘトだったので、全く仕事のことは考えずに、身の回りの話などをあれこれとお喋りできてリフレッシュし、本当に楽しかったです。

翌日はチーズフォンデュをする予定があったので、シンプルなフランスパンを購入し、ABCのパン教室へ出掛けました。