2004/11/07

東京:丸の内ホテル「ポム・ダダン」



先週の土曜、短大時代の筝曲部仲間の I 嬢とK嬢とで
神楽坂ランチをしてきました。
先日は、派遣仲間の明美ちゃんとはSHUNでディナーを
久しぶりに楽しみましたが、いつも彼女にお店を教えて貰うばかりなので
私も新規開拓をしなければ、と神楽坂沿いの気になってた
ル・ロワズィールというビストロでランチで様子見です。

1600円のプリフィックスランチは大当たりで、
前菜もメインもボリュームがあり、あまりしつこくない味付け。
デザートはその日はタルトタタンでした。
あとはカフェがつき。
内装がちょっと気取ったように見えたのだけど、
でもビストロのようです。

折角彼女たちの初めての神楽坂だったので
ぶらぶらお散歩をして案内したかったのですが、かなりの雨で断念。

近場で新しいスポットの丸の内OAZOに行ってみました。
あまり此処のことを理解していなかったのですが、
大きな丸善と飲食店とが主で、一般的な物販店はあまりなかったのですね。

ひとまずホテルのバー&カフェでお茶しようと丸の内ホテルに。
後で知ったけど、フレンチレストランのティータイムに行ったらしい。
それが冒頭の写真。
ついつい、私たち全員ケーキセットを頼んでしまいましたが
多分、強いて此処でケーキ食べなくても良いかなあと云う処。
居心地はよい窓際の席で寛いでお茶できました。

会うと学生時代のままの気持ちなんだけど、
それぞれに抱えてる問題は、あの頃とは比べ物にならない複雑。
それでもこうしてたまに会って、
お互いの状況や他の仲間のことを知ることが出来たり
単なるお喋りに興じたり、というのはとても大切な時間なのです。