2002/10/12

東京:湯島「Bar Due」


友人と、普段の疲れを癒すゆったりしたお茶の時間を。

湯島天神そばの住宅街の一角にあるこのお店、庭のハーブたちがとてもよく育っており、秋晴れのこんな日はテラスが気持ちよい。

ちゃきちゃきのオーナーマダムが「初めて? 初めての方は大体トマトソースのパスタがお勧め。お茶だけ? じゃ、ケーキセットね。コーヒーか紅茶かつくけど?」と矢継ぎ早に。
私はコーヒー、友人が紅茶と答えると「うちは水出しだから美味しいから飲んでみて」とコーヒーに。

ケーキセットのラインナップが何なのか判らないまま運ばれてきたのがごらんのプレート。

「自家製パイは手で持って食べてね!」 と威勢の良いオーナー。
その通りにしてまずクリーム部分をかじると、牛乳の本来の味がして美味しい!
クリームだけボウル一杯食べられそうな感じ。
「コーヒーゼリーにかかってるクリームはリキュールが入ってて美味しいから全部飲んでね!」と、またオーナーが声をかける。
その言葉に偽りは無く、ほろ酔いすらしそうな大人の味。
巨峰は白ワインがかけてあるようで、手の込んだデザートでした。

お手洗いの花あしらいも素敵。
私の意見は、カフェ利用よりも ランチなどお食事をする目的のほうがお勧め。
ケーキセットというよりは、食後にふさわしいデザートだったから。

湯島天神で密かに祈り、上野までてくてくお散歩。
お互い健康状態がベストではなかったので、ゆるゆるとした再会で無理せず心地よく。
ややもすると仕事中心の生活をしてしまっている私たち。
どうしたいか?を明確にね。