2002/05/05

自家製金柑の蜜煮ゼリー



もぎたての金柑をたくさん頂いたので、
最初はその独特の強い清々しさに惹かれて生で食べていましたが、
やはり此処は蜜煮に挑戦しなければ、とあれこれレシピを検索しました。

砂糖で煮るもの、蜂蜜で煮るもの、またその手順などは色々あるようです。
若干アレンジして私のとった方法はこんな風・・・。

約70個ほどの金柑をさっと洗い、
ラグビーボールのように縦に切り目を4,5箇所入れます。
ちょっと押しながら竹串で中の種を取り出します。
誰のレシピにも竹串とあったのですが無かったので爪楊枝で試みたら、
しならないので折れやすくて難航しました。
竹串のほうがオススメです。

お湯を沸騰させてさっと湯通ししたら、
今度はお砂糖350g、ひたひたの水の中で弱火でとろりとするまで
約20分ほど煮て出来上がり!

私の場合は三温糖なので少し香ばしいような香りになり
また煮詰めないのである程度軽い感じです。
このままつまんでもお茶請けにとても良い。

しかしアレンジ好きの血がこのままでは収まらない為、
ゼリーにしてみました。

シロップもちゃんと利用して、ゼリー自体にはお砂糖を加えず、
あっさりと爽やかな味わいです。
大成功!
食材をプレゼントされるって、ワクワクするし、楽しくて素敵。