2002/04/21

自家製胡桃のクッキー



基本のバタークッキー生地に
胡桃を適当に混ぜ込んだもの。
シンプルな材料だけに、味もストレートに美味しい。
市販のスナック菓子に本当に興味が薄れ、
(チョコレートは別ですが)
手作りのよさを見直すようになりました。

それとミルクティにしたセイロン紅茶をお供に英国系映画鑑賞。

イングリッシュマンinニューヨーク
あの映画の終わり方は一体なんだ?!
Stingの曲で お馴染みのタイトルですが、
彼のプロモーションビデオのほうが遥かに良いかも。
だって、 カッコいいんだもの、Sting!

とはいえ、自分の存在が周りに馴染んでいない、
そんな違和感は理解できます。
結構、私は異質なのかな?と思ったりすることもあるので・・・。
携帯のメールの着メロはまだEnglishman in N.Y.のままでいきます。

マイ・フェア・レディ
コヴェントガーデンに立ち寄る度に「ああ、観てないなあ」と思ってた
オードリー・ヘップバーンの超有名作品。

花売り娘の言葉を喋るイライザの方が
レディの綺麗な英語を喋る時より活き活きして見えました。
ヒギンズ教授の素直じゃないとこは凄く可愛いですね。

デジタル処理を施して、美しい画像にリメークされていたビデオなので、
色使いをより感じることができました。

下町の色彩は、ちょっとくすんだような、
黒っぽい色が数多く使われ、雑多な印象が。
反対に上流クラスの人々が集う場所では、白もしくは白っぽい色でまとめられ、
エレガントな雰囲気に包まれています。
お花も、より愛らしい優しい表情をしています。

これは殿方への素朴な疑問なのですが、
光源氏の紫の上といい、このイライザといい、
自分好みに育てるのって一種の夢なのかしら?