2001/07/22

自家製ブルーベリーヨーグルトパフェ



明美ちゃんと英国想い出話の午後。
まずは、いつものイタリアンへ車でお昼を食べに行き、
エジンバラで別れた後のお互いの顛末を話しました。

それから私の部屋で、お互いの写真を見ては解説しあい、
すっかり心がEngland&Scotlandに舞い戻ってしまいました。
明美ちゃんはParisに飛んだのですが、公園のお花の植え方を見ても
建物のデザイン、内装、などなどやはりartistic!
カジュアルなお店だというそんな処のサラダの盛り付けも美しく、
イギリスだとモダ・ブリじゃなければどさどさっとお皿に盛ってしまう処だけど
さすが芸術の都だなあと思いました。
しかしそんな素朴なイギリスがまた好きなのですがね。

さて、本日のおやつは、
旧住友銀行の「がぶ飲みグラス」を入手した時からの願望であった、
パフェ!
下から、コーンフレーク、プレーンヨーグルト、ブルーベリー、
プレーンヨーグルト、コーンフレーク、ブルーベリー、生クリーム。
ブルーベリーは冷凍のものを使ったのでシャーベット状にしゃきしゃきと。
生クリームにはごく少量のお砂糖を入れました。
ヨーグルトはそのまま。
手軽で爽やか、夏のデザートには是非オススメしたい手軽なパフェです。
甘くないから男性にも振舞える一品かも。

ジャスミンティはたっぷり作って冷蔵庫に冷やしています。

イギリスでの日々を思い出しては
それを懐かしんで楽しみ、
再びイギリスに渡る日のことを考えては
それを目標に生きている私たちなのです。
しかし、2週間も休んじゃったから、派遣の身には痛い処ではありました・・・。
とは云え、充電できて仕事が楽しいって思えるから収支決算はプラスって事で。