2001/02/24

埼玉:某フレンチレストラン




埼玉のとある民家のフレンチレストラン。
1月の雪が降った頃、
地元のお友達に連れて行って貰わなければ絶対に知り得ない場所へ、
こわごわたんぼの一本道を運転して辿り着きました。

独学で学んだというお料理は、シェフお一人で基本的に切り盛りしているそうです。
ランチは予約制ですがメニューは夜と同じ。
私たちは4,000円のプリフィクスコースを。
アミューズにタップナードのカナッペを頂いた後は、
前菜に鶏レバーのポーチドエッグを添えたもの。
鶏レバーは大好物で自分で煮込んだりしますが、
こんな風にやっと火が通ったくらいの調理法って自信が無くて出来ません。
ブイヤベースですっかり身体が温まったら、
皮がかりっと香ばしく焼きあがった白身のお魚と温野菜のお料理、
そしてお肉料理には、白ワインで煮込んだ仔羊にしました。
どれも美味しく、ワインが欲しくなりますが車なので我慢我慢。
自家製のプチパンも食べたいだけ食べられます。

最後のデザートはチーズの盛り合わせと云う選択肢もありますが、
ご覧のイチジクのキャラメルミルフィーユ仕立て、柚子シャーベットにしました。
イチジクのコンポートがラムのアイスクリームに隠れていて、
キャラメルガレットでミルフィーユ仕立てになっているのです。
写真ではよく見えませんが、
淡いピンク色のソースが回りにかけられていて可愛らしい。
尋ねてみるとイチジクのコンポートを作ったときに出来たシロップを煮詰めたのだそう。
なるほど余すことなくイチジクを楽しめますね。

フレンチレストランだとコーヒーだなと云うのが通常ですが
ミルクティ用にアッサムをご用意してますなんて云われたので紅茶を。

雪の後の静かな土地でのお昼ごはんは、
例によってあれこれとお喋りしながら3時間。

その後ぐるっと足を伸ばして久喜市のポプリというホームセンターで
バラ模様のテーブルクロスを購入。
このお店は結構イギリス好きにも嬉しいラインナップですが
それにとどまらず、アジアンテイストを好まれる方にも
ハートマークのついた雑貨がお好きな方にもいい処だと思います。

※ポプリはその後、閉店しました。