2001/02/10

東京:東京ドームホテル「ガーデンテラス」



久しぶりに「テーブルウェア・フェスティバル 暮らしを彩る器展」へ足を運びました。
かつての派遣仲間の純子さんが誘ってくれたのです。

楽しみなのは、飯田深雪先生はじめプロの食空間提案や、
海外の有名ブランドのテーブルセッティング、
そしてテーブルウェアコンテストの出品。

二人して共通した感想が
モダンでシックな、モノトーンやアールデコ風のものが多かったこと。
また、豪華絢爛なだけのセッティングには心惹かれない自分にも気がつきました。
ナチュラルで温かみのあるセッティングに最近魅力を感じています。

海外特集ではウェッジウッドの気取らない、
カジュアルなインテリアに囲まれた心地好い空間の
セッティングがとても心惹かれました。

もう一つ個人的に興味深かったのが、
一緒に行った純子さんの惹かれるセッティング。
昨年お子さんを出産したばかりなので子供を想定したセッティングには
つい足が止まり、ヒントを得ているようでした。

思ったより写真を撮らなかったのは、
セッティングだけだと淋しいことにも気がついたから。
テーブルウェアは食べ物が在ってこそなんだなあと。

その後はお隣の東京ドームホテルのロビーラウンジでお茶を。
禁煙喫煙がはっきり分かれた空間で安心。
お茶はキーマンにして、さてケーキは何にしよう?と
彼女も私も今ひとつ優柔不断で居たのですが、
とあるテーブルに運ばれていったストロベリーパフェに
視線が釘付けになってしまいました!
で、即決まり。
パフェなんて何年ぶり?なんて云いながら、その美味しさに感動。
ベリーがたくさん入ってて、生クリームも苺のアイスもくどくなく、
ぺろりと平らげてしまいました。
紅茶はあまり味と香りが無かったけど、
とりあえず茶葉入りのポットで差し湯のサービスもありました。

以前は似たような境遇だったのにここ数年で変化した私たち。
外で仕事をしていれば家庭の主婦に憧れるし
家にいる立場だと外の世界が気になるし。
無いモノねだりだね。