2000/05/17

東京:日本橋三越「チェルシーガーデン」



GWお茶巡り第4弾は6日(土)に日本橋三越「チェルシーガーデン」にて。
毎度お馴染みのスコットランド好きの明美ちゃんと、
朝一でオードリー・ヘップバーン展を見に行きました。
数々のドレスやコート、靴達は実にエレガントで
今なお輝きを失わないものばかりです。
図々しい事甚だしいのですが、着てみたいものばかり!
また、彼女のユニセフにおける活動は素晴らしく、
オードリーの他者に対する思いやりの深さには
感動せずにはいられません。

会場の最後にはオードリーが愛したという詩が展示されていました。
しみじみと心に入ってくる言葉がちりばめられていました。

別の詩で、と云っても20年近く前の曲なのですが、
最近ずっと頭の中を回りつづけてるフレーズがあるのです。
------ I want to love everbody
I want to hurt no one ------
YMOの最後のアルバムの『Shadows on the Ground』と云う曲。
教授と幸宏さんの作で、訳詞はPeter Barakan。
この部分の詩って、果てしなく幸宏さんっぽいなあと感じます。
私は全くの凡人だからともすると詭弁
もしくは偽善めいたふうに思われるかもしれないけど
こんな心境になれる穏やかな日々も人生の中で必ずやって来るのです。

閑話休題。
会場はバーゲンにも通勤電車にも劣らぬ凄まじい混雑ぶりで、疲れたために
屋上のチェルシーガーデンのオープンカフェでイレブンジズ。
ヴィクトリアンサンドウィッチ付きで\500。
お茶はカップサービスで3種類から選べます。
2人ともハロッズNo.14。
小休止するのに丁度イイ感じ。
ホームステイの心得を明美ちゃんに説いてもらったお茶の時間でした。
続く。