1999/10/24

東京:東銀座「MOTHER LEAF」


昨日は元同僚とおおむね英国的な(一部米国文化有り)休日を。

Starbucks Coffeeでショートモカとアーモンドトフィークッキーを仕入れて「エリザベス」を鑑賞。
肩の力が入りっぱなしだったのだけれど、少し切なかったです。
英国好きの皆様はご覧になりましたか?
晴海通りを歩き、Bootsを冷やかしてたら、私の好きなMolton Brownがある事を発見。
Bootsは、あちこちに出来て欲しいような欲しくないような。

秋の気持ちの良い午後のお茶は東銀座で。
磯淵先生監修のモスバーガー系列のお店です。
スコンも有るけど売りはアメリカンワッフルなので一番シンプルなティーワッフル\500を二人とも頼みました。
紅茶で出来たシロップを楽しむために。
ワッフルそのものは甘くなく、シロップをたっぷりかけて丁度良いくらいでした。
紅茶のシロップは珍しいですねぇ。
また、そのほかトッピングを楽しむワッフルも含めて「ペアリングティー」なるお勧め紅茶の提案もメニューには添えられてます。
私はオススメ通りイングリッシュミルクティ\600を。
ミルクは拘りの美味しいミルクなのに
私としては紅茶が薄く感じられました。
ポットサービスなんだけど余り濃くならないのです。
もし今度ここでお茶する時にはストレートで楽しむお茶にしてみよう。
友人は巨峰のアイスティ。季節限定です。

明るくウッディでカジュアルな内装という点で赤坂見附のAshbys of Londonと比較すると、コストパフォーマンスから云えば私はAshbysの方が好きです。
Tea foodも豊富ですし。
でもでも、カジュアルなティルームが次々と出来るのはとってもウレシイ事ですよねえ。
このMOTHER LEAFの2号店は下北沢に出来たみたいでワッフルサンドなどもあるそうです。
店内禁煙なのはウレシイ配慮です…と云うか今や当然かな。

友人は9月にスコットランドやアイルランド、イングランドを旅してきたので、そのお土産話や写真を堪能させてもらいました。
頂いたお土産でのお茶の様子はこちら
もうどっぷりと心が英国に飛んで行ってしまいました。
一時は英国の事すら気が乗らない時期もありましたが、今は行きたくて行きたくて仕方ない。
計画たてちゃおかな。