1998/07/10

東京:青山「ブラマー紅茶博物館」(改名)



先日ふと青山のブラマー博物館の前を通ったので思わず入ってしまいました。
というのも、去年ロンドンのブラマーTea & Coffee Museumに訪れた時、
お茶出来なかったから悔しい思いをしてたのです。
その時の事はこちら

静かなティルームでは館長さん自らアッサムティをポットサービスしていただきました。
ビスケットはオートミールとオレンジピールが入っていて
とても紅茶によく合うものでした。
チャールズ皇太子のビジネスとして作られてるものだと伺いましたので、
王由由さんが渡英した時には必ず買ってくると
本の中でおっしゃってたのはこのビスケットかなと思いました。

アッサムを注ぐ前にミルクをカップになみなみと。
結構たくさんだなぁと内心思ってましたが、
お茶がしっかり入ってるのでミルクに全然負けません。
おいしい!
自分で入れるミルクティを反省させられたティタイムでした。

館長さんはなかなかお話好きの方と見えて、
私のロンドンでの博物館の顛末を話したら、色々なことお話下さいました。
昔はブラマーさん自らティルームで紅茶のサービスをなさってたそうですが、
今はセルフサービスになってるんだそうです。
その他、ティポット収集のお話など・・・。

時間が無かったので博物館見学は出来なかったのでまた行こう。
今度はしっかりアフタヌーンティーでもしましょう。
そう云いながらなかなか行けなかったりするものですので、
どなたかとお約束するのもテかな?