2008/03/13

桑の葉うどん2


愛飲しているくわ青汁をオーダーする際に、久々に桑葉麺も同梱しました。
くわ青汁同様、桑の葉を練りこんだ細いうどんです。
粉ものに何か混ぜて色を綺麗に表現することに関して、シンパシーを感じ、
お気に入りでございます。

前回アップした時には冷製でしたので、今朝は温かく仕立ててみました。
だし汁でしめじもさっと煮て、錦糸卵と海苔もトッピング。
柚子胡椒も途中から付けて、楽しんでます。

昨日、HOTERES JAPAN2008にも行ってきて、考えさせられることもありました。
阪口恵子さんの「ユニバーサルデザインフードの定義ー身体能力に合わせた食事提案」を
聞いたとき・・・。

ユニバーサルデザインフードの存在をその時初めて知りました。
介護食品を、その利用者の身体能力(噛む力と飲み込む力)に合わせて
4つに区分したものだそう。

そのフードをそのままただお皿に乗せて出すのではなく、
利用者の尊厳を保ち、気持ちも明るく、食事を楽しんで貰えるためには、
テーブルコーディネートの演出も大事ですよ。
汚しても気を遣わなくて済む不織布を利用して、食欲を増す赤や生命力を表す緑も上手に組み合わせ
花の一輪も飾り、楽しかった記憶を思い起こさせましょう。
という提案だったのです。

で、私が思ったのは、こういうことを考える余地がある介護ができるといいな、と。
しみじみ。
ざっくりした他の感想は、Bread + Lifeにて。