2008/01/06

ベーコンエッグマフィン


先月、イングリッシュマフィンを焼きましたが、
それはこのベーコンエッグマフィンを作るためでした。

と云うのも、無農薬野菜のミレーで購入した野菜セットに、卵が入っており、
また、無添加のベーコンもオーダーしたので、
これらを是非組み合わせたいと思った次第。

レタスは一枚一枚がしゃっきりしていて、こんなに葉脈がしっかりしているのが凄い。
食べ応えあるレタスは初めてです。

ヒール、つまり下の部分のイングリッシュマフィンにちょこっとマヨネーズを塗り、
レタスを敷きます。

ベーコンは、油を敷かず、カリカリにしすぎないようにじっくりと焼きます。

目玉焼きは、イングリッシュマフィンを焼く時に使うセルクル型に
オリーブオイルを塗って、その中に卵を落としてまあるく焼きました。
これで、マフィンとの直径が合います。完璧。

クラウンにもレタスをたっぷり乗せて、かぶせると・・・。

こんな感じに。

それぞれの味が確かなので、ただ組み合わせただけなのに、
簡単に美味しいものが出来上がるねえ、と嬉しくなる朝ごはんでした。

ベーコンと卵がやっぱり秀逸。
無添加のベーコンやハムは、添加物の心配が解消されるだけでなく、
そもそも美味しいです。断言。
配偶者も、とても気に入っていました。

お店でしたら、フライドポテトが添えられる処でしょうが、なんせ素朴な私の食卓。
さつまいもを蒸したものがどんと盛られております。
私は、こういう芋たちをたくさん食べられるのですが、
彼はそうではないので少し減らしました。

今までは単純に「美味しいものを食べる日々を」と念頭に思っていましたが
今年は「より安全で美味しいものを」と求める気持ちが強くなりました。
神経質になり過ぎない程度に、安全を目指したいです。