2007/11/24

インゲンのビスマルク風と、ゴマコッペパン


数日前の朝ごはん。
特大のゴマコッペパン
を焼いたので、軽くトースト・・・と思ったけど、
魚焼きグリルで焼いているため、ほんの少しタイミングを逃すと
すぐに焼き色が強く付いてしまいます。
気をつけなくちゃ。

柿のケーキも添えております。
リーンな小ぶりのパンだから、ケーキもちょいと食べても
朝だからいいよねえ、と自分に言い訳しつつ。

世の中にはまだまだ、美味しい用語がたくさんあるなあ・・・と
知ったばかりで嬉しくなって使ってみたかった「ビスマルク風」。
目玉焼きを乗せると、なんだかそんな名前らしくて。

野菜にはなんでもビスマルク風にして食べられるから、
バリエーションが広がって、これはいいや、と思いました。

軽く塩ゆでしたインゲンは、にんじんと共にEXバージンオリーブオイルでソテー。
目玉焼きに塩胡椒と、パルメザンチーズをたくさんかけ、
野菜の上に乗せて、出来上がり。
目玉焼きは、もう少し半熟気味だったのですが、配偶者が起きてくるタイミングを
見誤ってしまい、火が通り過ぎてしまったのが、反省点。

今日は、パンコーディネーター講座の日。
なんだか身が引き締まる想いでした。
私のような素人が受けさせて貰えるなんて、恐縮であります。
でも、だからこそ、勉強になってよかったなあと。

帰宅後は、配偶者が得意料理のたこ焼きの準備を完了させ、
すぐに着手し、どんどん焼いては、はふはふと味を変えたりしながら、
食べましたよ。

食後は、カフェオレで一服したのもつかの間、
パンコーディネーター講座の課題に取り掛かり、パンを焼いて、
写真を撮って、レポート書いて・・・と、やっております。
明日は発表で緊張するけど、楽しい勉強です。