2007/07/30

東京:丸の内「つるとんたん」


たまに食べに行きたくなる、西日本出身の私たち夫婦にとって間違いのない、
うどんのお店のひとつです。
関西のお店で、六本木で初めて知って洗面器のようなその器のでかさに驚き、
食べてみると、出汁やお揚げや肉の甘さに懐かしく、
あっさり外食を希望する時には、此処!と云う位置づけです。
丸の内のTOKIAはビスと云う位置づけで、六本木や歌舞伎町とは少しメニューが違うみたい。

これは7月初め頃かな、週末に出社する代わりに早く帰った金曜の晩ごはんでした。
冷やしカレーのおうどん1300円くらい。
冷やしカレーなるものが此処2,3年くらい出ていますが、どうも手が出ず。
でもお野菜のディスプレイが食欲をそそったので、試してみたくなりました。

出汁が効いているせいか、心配したベタベタと脂っぽい感じは無く、
さらさらと美味しく食べることが出来ました。
あ、これは2玉分です。
つるとんたんは、3玉まで無料で増量できるのも嬉しい処です。

配偶者は、生ビールとソーセージと、きつねカレーうどん。
彼も2玉オーダーしています。

きつねの甘さがカレーに負けてない。
甘いといっても、むやみな甘さでもない、加減がいいんですよねえ。

この日はたまたま二人ともカレー風味でしたが、
鍋焼きうどんのゴージャスさにも惹かれるし、
何故かクリームベースのものもまだ食べてないので、次こそは、と思っています。
ついつい、ベーシックな出汁を楽しむうどんが恋しくて、そっちになってしまうのです。