2007/07/14

博多うまだし カリカリピッツア


レシピブログのモニター企画で博多うまだしが当たったので、
それを活用してパンを焼き、Bread + Life の更新をしています。
今日はピッツアを焼いてみました。
プロセスの詳細は、あちらのブログにて。

私はシークヮーサージュース、配偶者は赤ワインを片手に。
もっぱら、有機栽培された葡萄で作られ、酸化防止剤無添加のものを彼は好みます。
悪酔いしないらしい。
アルコールを今は殆ど飲まない私も、飲みやすいなあと感じます。
頭痛がおきません。

さて、嬉しいことに先日すばるさんとお会いした時に、ご両親が愛情込めて作られた
有機栽培のインゲンを頂きました。
(ご両親のスローライフはとれたて日記でお楽しみくださいませ)
塩茹でしただけで充分に美味しいもので、さらにピッツアでも楽しませて頂きましたよ。
ご馳走様でーす。

右半分には、義伯母から送ってもらったムギタケの塩漬けのビンを開けて使いました。
義伯母も田舎でゆっくりと暮らしており。

いつかはそういう暮らしをしてみたいなあと憧れます。
それまでは、玄関先のプランターたちで頑張ってみますよ。
土にも、生ごみ処理機で出来たものを堆肥に加えています。

生ごみ処理機は、本当に環境にいいのかどうか、と云うのはまだ議論されている処ですが、
うちとしては、特に夏場の生ごみの臭いから解放されたい、
出すごみの量を減らしたい、と云う2点の希望が強くて、購入し使っています。
ガーデニングにも、もう一度手を出したい願望もあったしねえ。

うちで使ってるのは、ナショナルの温風式のコンパクトタイプ
そもそも生ごみの量が少なめなので、毎日は稼動せず、週2回くらいなんですが、
買ってよかったと思っている家電のひとつです。