2007/07/08

福岡:筑紫郡那「源泉野天風呂 那珂川 清滝 お食事処 棗」


土曜日は、叔母宅に泊まり、朝ごはんの後、
配偶者と一緒に那珂川町の温泉 清流に連れて行って貰いました。
綺麗な温泉施設があり、彼女は仕事が休みの時にはこちらでのんびり過ごすことが多いとか。

綺麗な和風の建物で、早速お風呂。
電気風呂でびりびりしびれたり、ジャグジーで身体をほぐしたり、
屋根つきの露天でのんびりしたり・・・。
あいにくの雨だったので、もっと奥の露天風呂は楽しめずに残念でしたが、
叔母といろんな話をしたり、久しぶりに広々とした温泉につかり、極楽極楽。
配偶者も日頃の疲れを癒した様子。

合流後は、こちらのお食事処にてランチを。
私は日替わり定食で、太刀魚の南蛮漬け。
この身のでかさに驚きました。
七穀米はほっこりもっちりと美味しく、お代わり自由でした。

配偶者は、晩酌セットと云うご機嫌なメニューで。
私の南蛮漬けやら小鉢やらもつまみつつ。
叔母は、いつもお決まりのぶっかけうどんだそう。
小海老のてんぷらを味見させて貰いましたが、香ばしくて絶品!

禁煙席で天井も高い空間の、板の間にぺたんと座って、
風呂上りのごはんはとても楽しかったです。

満腹になった後は、お休み処でごろごろして、またもや極楽極楽。
送迎バスが無料で、西鉄大橋駅や、天神まで出ているのもありがたい。
行きは、叔父に送って貰いましたが、帰りは天神行きのバスに乗りました。

渡辺通りから入っていくのですが、相変わらずこの道は混むのねえ~。
薬院あたりで降りて、てくてく歩いていきたくなりました。
なんせ、日銀前までバスで行くのは、かったるいしなあ。

ともあれ、福岡を離れて久しい私には「いつの間に那珂川に温泉が!?」と吃驚ですが、
すっかりリラックスできた温泉でした。

この後は、老舗和菓子屋さんの凪州屋で・・・。