2007/05/21

ペリカンの食パンでオニオンチーズトースト


一昨日の、合羽橋浅草ツアーにて購入のペリカンの食パンシリーズ。
ながーい一本なので、変幻自在に楽しむことが出来ます。
朝はどうしても、パンにおかずを組み合わせるようにして、時間短縮を図りたいものです。

旬のため、ヘビーローテーション中の新たまねぎ。
今年はなんで私に新たまねぎブームが起きてるんだろう。
やっぱりABCのリッシュクラスで習ったオニオンブレッドのおかげだと想像します。

あまりにはまりすぎて、いちいち買うのも重たいので、
ネットで纏め買いしようかと思いましたが、
うちはヘビーローテーションといいつつも、所詮二人暮し。
今回は都度買いすることにしています。

で、今朝のメニューは、パンにケチャップを塗り、新たまねぎを粗微塵に切っててんこ盛り。
さらにその上からピザ用チーズをてんこ盛り。
パセリとかあったら素敵だったんですが、そのままオーブンで焼きました。

しっかりとカリカリになっているパンの耳が、ナイフに心地いい反動を与えてくれます。
こんがり色づいたチーズの下で、たまねぎは甘くしっとりとしていて、
三位一体の美味しさですよ。

食後には、アップルマンゴー。
なんだかんだで、私にとってはアップルマンゴーは高級果物
日々の食卓にはなかなか上らせるには、多少の勇気がいるのです。
処が昨日の散策で、メキシコ産が安く売られており、
配偶者が「これは買いじゃない!?」と背中を押してくれ(?)、購入するに至った次第。

勿論、全部ジュースにするには勿体無いので、両脇の実がたくさん食べられる部分は
写真のようにして一口ずつ、堪能しました。
さくっとした果肉の感触でありながら、まろやかさと爽やかさが同居する味、
南国のフルーツのイメージです。

甘美な贅沢を月曜の朝から味わえて幸せだね・・・と
しみじみとする庶民夫婦でございます。

種の部分は、根性でこそぎ落とし、牛乳でクリーミーなジュースに。
あの値段でまた見かけたら、絶対買いだ、と心に決めています。