2007/03/28

30品目バランス弁当


東京駅の駅弁です。
去年の暮れの帰省時、新幹線に乗って朝ごはんをこれにしようと張り切ってたのに、
流石繁忙期、品数が絞られていて、このお弁当もお休みでした。

思ったより打ち合わせが長引き、夜になってしまった、ひと月前のある日、
お腹もペコペコだけど、家でゆっくり食べたい、でもすぐに食べたい気持ち。
東京駅でこれを買おう!と思い立ちました。
30品目がバランスよく入ってるお弁当、850円です。

30品目のリストが書かれた紙も同封されてたんですが、
驚愕したのは「白ごま」「黒ごま」がそれぞれ1品目ずつ数え上げられてたこと。
それは、白と黒、品種が違うとしても「ごま」でひとくくりに捉えられるんじゃ。。。

やや脱力しながら、こまごまとたくさんのおかずが入ってるのは、身体にも嬉しい。

以前、「アンチエイジングな生き方」のお題で佐々木かをりさんの講演の中で
時間の使い方で興味深かったことがあります。

佐々木さんは、小学生のお子さんを育てつつ、お忙しい毎日を送ってるのですが、
なんと、8時9時頃にはお子さんたちと一緒に寝てしまうんだそうです。
で、早朝におきて仕事を始めるのだとか。

これはお肌のために眠るとよいとされる、22時~2時の時間帯、
すっぽりと眠ることになってるではないですか。
素晴らしい・・・。
朝早く仕事を始めると、雑音もないし、とても捗るとかで、一石二鳥。

これを、私の生活で当てはめるとどうなるだろう、とぼんやりシミュレーション。
配偶者が、朝方3時とか4時に帰宅する状態が続くようであれば、
あるいは有効かなあ。
でも結局、挨拶してバタンキューと眠ってしまうから、どうなんだろう。
そもそも、こんな生活だと彼が持たなくなるので、無しだと思いたいです。

最近は、少し改善されて、電車では帰れるようになってきて、
0時から2時くらいの帰宅だと、
私はぐーすか眠っており「お帰りなさいご主人様」と云うわけにはいかないし。

もっと改善されて、22時くらいの帰宅だと、何寝てるんだって感じですね。
残念なので、せめて1時くらいには眠れるように、頑張ろう。
お肌のゴールデンタイムに少しでも寝ていると、よいらしいので。

今日こそ早く寝ようっと。