2006/12/16

三つ編みリングパン


ABCで習った三つ編みパンを復習してみました。
習ったとおりの大きさだとどうしても家のキッチンカウンターでは場所が足りないので、
大きなひとつの輪ではなくて、半分の大きさの輪を二つ。
一つには白ゴマ、もう一方には黒ゴマを、溶き卵を塗った上に散らしました。
まだまだ、たくさん練習しなくては。

ちなみに焼きあがりはこんな感じ。

Black or White?って感じで。

今日は、また別のパンを練習したので明日の朝ごはんに。
世間の上手にパンを焼いてる方々の画像を見ると、美味しそう・・・とうっとりしてしまいます。

夕方からは久しぶりに蔵前のビストロカンパーニュで、母と配偶者と3人で晩ごはん。
以前は、欲張って前菜2品頼んでメインと云う無謀な頼み方をして死にそうになったので、
おとなしくAコースで。
私はレンズ豆のサラダ(それでも20cm×15cm程度の皿にどっさり)と
ウサギの煮込み料理をペリエとともに。
メインが来た時にはその盛り付けに一瞬ドキッとしましたが、付け合せのお野菜もすべて
気持ちよく美味しく適正な気持ちで楽しむことが出来ました。
人生2度目のウサギなんだけど、前回よりあっさりした印象で食べやすかったです。

母は、ホタテとカニのテリーヌ、味見させて貰ったら、ホタテとカニの旨みが前面に出て美味しかった。
メインの鯛のポワレがふっくらして美味しそうだったけど、ウサギが待ってるので味見せず。

配偶者は、前菜の盛り合わせを頼んでしまい、そのメインと思われる程のボリュームに驚き。
キッシュもスモークサーモンも、お肉のパテもどれも美味しい!
私のレンズ豆のサラダも含まれてるし、かなりお得な一皿でした。
メインのロールキャベツは、その大きさにまたびっくり。
私は自分のウサギをある程度やっつけないとと思ってたら、ロールキャベツの味見をしそびれたなあ。

店内はグループも多く、ビストロらしく賑やかな雰囲気でした。
私以外の二人はワインやらフランスビールを飲んだりして、いい具合に回っており。

デザートは、私はモンブラン。
スポンジ部分が無いのでコースの最後でも無理なく頂けます。
お酒が効いてましたなあ。

母は、クレームダンジュ、木苺シャーベットが添えられてて色合いも味もバランスよし。
配偶者は、キャラメルプリン、弾力あるプリン部とほろ苦いキャラメルソースがいい感じ。

今日の組み立て方は私なりに大満足。
苦しくないし(って云うと彼に尋常じゃないと云われたけど)、程よい感じでした。
めっきり外食が減ったので、一つ一つの機会を楽しみたいなあと思う今日この頃。