2006/09/28

マヨネーズと白ごま入り三日月パン


ABCで習ったパンを復習&アレンジしていく内に、そう云えば堀井さんの本も折角あるんだから
彼女のレシピでそろそろパンを焼いてはどうだろう、と思いつきました。
昔々、本だけを見てパンを焼いた処、大変な代物ができてしまい、
なんと読解力が無いものだとめげていました。
改めてレシピを読んでみると、これまでABCで習ったことと照らし合わせて、
手順の意味や、状態の見極めについての記述がすーっと腑に落ちていくのです。
私のように不器用な人間は一度誰かに習ってみた後で無いと、
本に書いてあるパンのレシピを実践するのは難しいことでした。

いつも多くても250gの強力粉を使っていたのに比べ、今回は倍の500g!
捏ねるのは力が要りますが、無心になれるし、
ふわふわと生地が出来上がっていく変化をダイナミックに味わえてとても楽しい。

外はかりっと、中はふわっと。さほどマヨマヨはしていません。
堀井さんらしいシンプルなプチパンだなあと実感。
どんどん焼いていこうっと。

今回のレシピはこちらに掲載されています。

ちなみにパンの焼きあがりはこんな感じ。

この倍の量が出来上がりました。合計24個。
冷凍庫の一角を占拠しています。