2006/08/16

東京:五反田「遊庵」


ホントは五反田ランチブログでも作ろうかと思ったほどでしたが、
そうもいかなさそうなので此処でボチボチご紹介。

今日はお蕎麦と云えば定番の遊庵に行きましたが、写真自体は4月のもの。
此処のお店に行くと私はほぼ必ず、小天丼とお蕎麦の定食1000円にしてしまいます。
お蕎麦はかけだったり、もりだったり、その時の気分で。

天丼はこうしてみると、最初に食べたかき揚が一番美味しかった気がします。
かりっと衣が歯に当たったのはこのときくらいだったかな。
春菊と小エビがいい感じのかき揚でした。
その後は衣が大きすぎたりすることもしばしば。
でも全体的にお蕎麦は美味しくて、私たちのお気に入り。
定食は、角煮丼との組み合わせもありますが、ねぎの香りが強いので気になる方はすぐに歯磨きを。
海老アレルギーの同僚はもっぱら角煮丼派です。

先日夏天丼も頼んでみましたがこれもなかなか美味しかった。
ハプニングもありましたがその後の対応がまあよかったので、気にせずまた通っています。

さくらんぼの季節には、山形から送られたと云う佐藤錦がちょいとおまけで付いていたり。
季節が感じられるお蕎麦屋さんです。

今日は体調が悪かったので山かけ蕎麦のあったかい方でおとなしく。
そう、ランチメンバーの体調の悪い時にも此処がまず選ばれますね。