2006/07/17

東京:有楽町「あろいなたべた」


朝からT.M.Revolutionの過去10年間のPVを流し、CDを聴き、掃除片付けもし、夕方国際フォーラムへ。
東京での最後のホール、そいえば東京最初のホール、NHKにも行ったんだよねえ。
2階17列目、これまた見慣れたセットが小さく見えてしまうくらい。
一人でドキドキしてたらお隣のお一人のお嬢さんから声を掛けてもらい、打ち解けて話したりして。
彼女は5年ぶりのライブだとかで、昔のT.M.Revolutionを知ってるファンなのが羨ましい限りで色々聞いてしまう。

やがてT.M.R. LIVE REVOLUTION'06 -UNDER:COVER-の始まり始まり。
それにしてもよいライブでした。
国フォ2日目に参戦できたことを心から感謝しております。
3度目ともなると後ろの映像より極力、生西川貴教を肉眼で見ることに注力、小芝居も遠方ながらもチェック。
毎度ながらパワフルだなあと感心しつつ、ヘドバン後の様子がひときわお疲れのようにも見受けられたり。
やっとこさ3度目にして、vestige-ヴェスティージ-の時の羽根が西川くんの身体の後ろに見えたのが嬉しかった。
花道での様子は、スクリーンに映してよー!
MCはIKUOさんいじりで、盛り上がる。ベースのヘッドも5000人相手じゃ持たないね?
相変わらず歌はうまいなあ。あんなふうに歌えたら楽しいだろうなあ。
背中はやっぱり色っぽい。私もやっぱり鍛えないと。
私の前には中学生くらいの女子とそのお母さんが。しかもお母さん振り付けばっちり!
お母さんがもともとファンで、娘さんは英才教育なんだろうか。ほほえましいなあ。

しかししかし、何よりも。
西川くんは、例えばチケット即時完売するようなライブの人気ぶりなのに、
慢心せず、「自分はこの場所に居る価値があるのだろうか」と
自分のあり方を常に自分に問い続けているのだと云うのを知り、切なくなりました。
それだけにライブでの一体感を強く要求するし(こんなに煽る人見たことないです)、
私たちも勿論それに答えるべく最大限楽しむのですが。
ホントはそんなに悩まないで頂きたいと一般人のわたくしなどは思うのでございます。
でも謙虚に悩むんだろうなあ。

最後のアンコールで、定番の「LIGHT MY FIRE」が来るとラストなのですが、あれ?片付けない?
デビュー曲の「独裁」を始めるではないですか。
何と云うサプライズ。
私たちの気持ちにも答えてくれた形です。
彼は最後の挨拶の時には何度も目元を拭う様子も胸に迫り、
西川くんを好きでよかったなーとじんわり幸せな気持ちに満たされました。
温かい気持ちになった珠玉のライブに出逢えてよかった。

休日出勤でヘトヘトになった配偶者と待ち合わせ、国際フォーラム近くのこちらのタイ風屋台のお店で
彼はカオマンガイ、私はタイ風チャーハンを豚肉で、春雨サラダをシェアして帰りました。