2005/12/24

クリスマス'05


今年のクリスマスディナーは事実上、
昨日のキヨズキッチンの野菜ブッフェランチと云う位置づけなので、
自宅ではカジュアルにあっさりと。

配偶者の実家から国産牛がちょくちょく送られてくるため
私の肉の消費量が減っている昨今、
こうしたイベント時に頂くことになります。

昨日8枚に切って貰ったガルバニャーティのパンカッレはトーストし
軽くマヨネーズを塗った後、サラダほうれん草を敷きます。
お肉は配偶者の担当。
塩胡椒後、にんにくとオリーブオイルで焼き、削ぎ切りにして
わさび醤油に浸します。

アボカドとお肉を交互にパンに乗せ、にんにくチップを散らし
パンではさんで出来上がり。
残り一枚分のお肉は小皿に盛って、
さらにわさびを染み込ませつつ前菜代わりに。


サラダはキヨズキッチンの影響大。
ゴボウやかぼちゃをそれぞれ茹で、
えのきだけの太いやつもさっと湯通し。
イタリアンパセリをたっぷり添えて、マヨネーズや
ハーブソルトなどで頂きます。
ミモレットでスパークリングワインをちびちび遣りつつ。

おっと、わさび醤油がアボカドにも非常によく合う、
大ヒットサンドウィッチとなりました。
パンも外はかりっとして中がもちっとして、美味しい。

デザートには若干クリスマス仕様のケーキ。

結局自宅で食べる回数が少ないので
身の丈にあった個数で購入。


最後は従妹からプレゼントされたイチゴのアイスクリームで酔いを醒ましつつ、
今更ですが「ハリー・ポッターと賢者の石 特別版」 を観ました。
機内のエンターテイメントでしか観て無かったので
ちゃんと大きな画面だと観た気がして安心です。

イギリス的なものがたくさん散りばめられてるのを
改めてあちこちに見出す事ができる点でも十分楽しい。
最近のハリーやハーマイオニー達のめきめきと大人びた映像を見てたから
ホント愛くるしいなあと思いました。

それにしても魔法が使えたら何するかなあ。
通勤が楽になるようにしたいなあ。

さて、この後も続けて観て、
早く劇場で観れるよう追いつかなくっちゃ。