2005/05/23

東京:駒込「小閣楼」


今年もぐずぐずしてイギリス行きの計画をしそびれたので、
昨日、こちらも念願ではあった旧古河庭園のバラを見に行きました。
でも人の頭数とバラとさほど変わらなかったような。


日本庭園をぐるりと散策した方が落ち着いて好きでした。
中は喫茶室になっていましたが、パス。
一度行って安心しました。
旧岩崎邸と同じジョサイア・コンドルの設計とは云え、
あまりきちんと拝観できなかったので今回興味が薄かったかも・・・。

お昼に目指したお店が急遽お休み、そこで目に入ったのが
六義園前のこのお店:小閣楼。
何か気を発している不思議な店構えに吸い込まれるように入りました。

レトロな雰囲気できっちり演出されていますが、
大将の雰囲気から彼が緻密に計算したとも思えない(すみません)
何処かアバウトな感じがします。
それは決して悪くないのです。
坦々麺、鶏そば、焼き餃子をオーダーしましたがどれも秀逸。
坦々麺は、ごまが利いてまろやかで、辛すぎないため
次回は私も頼もうかしらと思える素晴らしいものでした。
鶏そばは済んだスープがよい。
焼き餃子は既に味が付いていて、このままかぶりつきます。
次回は、名物上海チキンを頼むことにしましょう。

そしてデザートタイムへ突入です。