2004/10/05

ABC ピザパン


ABCクッキングスタジオのPはピザパンでした。
ピザはカリカリの奴が好きなんだけど、
こんな風に美味しいパン生地で作るのもいいですね。
思ったより大きなゴージャスなピザが出来ました。
これは是非気軽なレパートリーに加えなくては!

お昼の項に載せましたが、実際はその日(先週の土曜)の晩御飯に。
マッシュルーム入りペペロンチーノ、
キュウリと赤ピーマンのサラダ、
それに何故か秋刀魚を焼き、赤ワインと共にお腹一杯食べました。
満足!

先週火曜、会社を休んでずーっと寝てたのですが
ふと目が覚めてTVをつけたら「東京ラブストーリー」の再放送をしていて
思わず2話分見入ってしまい、
その後も録画して見ています。
昔から何度も見てはいたのですが、
面白くて見るたびに引き込まれます。

昔は携帯電話なんてなかったから、
(いや、あったけど笑えるほどでかいし、普及してないし)
なんとも云えない絶妙なすれ違いがドラマを盛り上げます。
緑色の公衆電話も象徴的にでてくるし、
そう云えばイケナイことではありますが会社に私用電話って
昔はよくかけてましたよね。
日中連絡取れるのって会社にかけるしかないんだもの。

最近のドラマがつまらないのは、
ドラマティックな展開が最近の設備では期待しづらいから?

赤名リカというか鈴木保奈美はやっぱり綺麗だなあ。
あの頃から眉も整っていましたね。
他の女子が押しなべて無邪気な眉毛をしているので際立っていい形。
彼女の声も好き。
鈴を転がす様な可憐な声にたいそう憧れます。
私は、通らないぼそぼそとした声なのでね。

ファッションも懐かしい。
あの頃は、パンツの中にシャツもセーターすらもインでした。
大きめのイヤリングをしたり、ブランド物のスカーフをしたり、
前髪に魂込めてブローしたりもしましたね。
えっと、若い方はしていないと思いますが、私たちはしたのですよ。
ほほほ。

出てくる飲み物がやたらとウィスキー。
最近だとひとまずワインでも並べておく処でしょうね。
昔はなんだか水割りだった気がします。
やけになった時などゴクゴクと無理して
辛そうに飲むシーンがお約束。

今にして思えば、此処に映る東京はバブルの頃とはいえ
まだまだ開発がこれからと云う感じで、むしろ素朴に見えてしまう。
東京と云う街は生きているんだなあ。

あのドラマの中でリカだけがカンチに一途で、
カンチもさとみも三上くんも長崎さんもみんな、
誰かと誰かの間で揺れている。

私が広島に居る頃、このドラマがあったのですが
まさかその後、東京でまた恋をするなんて思ってもみませんでした。
東京なんてまだ何度かしか行ったことなかったし
また恋をする羽目になるとも予想だにしなかったし
そんな大都会で誰かと知り合えるとも思ってなかったし。

この先の人生なんて決め付けない方がいいよね。
それにしても小田和正の歌がエンドレスで頭の中を流れます・・・