2003/12/23

クリスマス'03


スタッフドローストチキン

クリスマスにかこつけて、それっぽいゴハンを食べることを楽しみにしている
平均的な日本人の私は、天皇誕生日の今日にクリスマスディナーを食べました。

今年は念願の鶏の丸焼き、しかもスタッフィングをきちんとした奴!
レシピはサイトで色々検索して都合よくミックスしたり、家にある物で作ったりしました。
これが何だかほぼ大成功でゴキゲンなのです。

数日前から鶏屋さんで南部地鶏の若い奴を頼んでおいたので
まずは洗って中をよく拭き、塩コショウをよく擦り込む処から始めます。
美味しいローストチキンになってね、とヨシヨシするように。
ニンニクを万遍なくこすり付けてボディ部分の下準備完了。

スタッフィングは、にんじん2/3本、じゃがいも1個、セロリ(葉も全部)1本、玉葱1個をソテー。
ハーブソルトやドライのハーブ類をあるだけ使って味付けし、
ボウルにあけ、刻んだパセリとパン粉を適当に加えます。
ちなみに約2キロ弱の鶏さんにはこの量は半分以上余りました。
残りはチーズなんかシュレッドしてキャセロール風にしようかな?

天板にグレープシードオイル(たまたまなのでオリーブオイルで構いません)を塗り
チキンを置き、更にドライハーブとオイルをかけます。
クリスマスっぽくオレンジを飾り、
冬至も昨日だったのでかぼちゃもごろりと置き、
エリンギもなんとなく並べて220度のオーブンで30分ほど焼きました。
後は様子を見ながら焼き足していきます。

グレイビーソースを作るはずでしたがあまり肉汁が出なくて
まあいいや~とそのまま。
もう部屋中いい香りに包まれて幸せです。

コーンと玉葱のポタージュも出来、お皿に盛り付けて写真を撮った後は
お楽しみのカービング!(これをやりたかった)

といってもまあ適当ですが。
胸肉がジューシーでとても美味しい。
なんせあまりに満腹で手羽までいって、後はリタイヤ。
モモやら骨の間をこそげ落とした肉は繰越です。
ぼんじり、と云うのを初めて食べました。
お尻の三角の部分で中がとろっとしててこれまた旨し。
お野菜たちも負けていません、かぼちゃがほっこりしてるし
スタッフィングは鶏の風味なんかも移って格別です。
濃厚なポタージュも全て最初から作ったので安心できる美味しさです。

辛口スパークリングワインやスパークリングワインとカシスのカクテルなどで
昼間っからホンワカ酔っ払って充実感たっぷりのゴハンでした。
デザートはこちら

皆さんのクリスマスは如何お過ごしですか?