2003/02/12

アロマ&イタリアンの会3


月に一度のお楽しみのアロマ&イタリアンの会へ先週の金曜行ってきました。
この日のテーマは、「バレンタインデー 愛の香りと愛情タップリお料理」。

鈴木先生のアロマセラピー講習に受けるのにも熱が入ります。
各ハーブの言い伝えや香りの効用を興味深く学びました。
夜中に鏡の前で肩越しに掲げた私の林檎を食べるのはいったい…?

次に愛を獲得するための大事な小道具パフュームを作りました。
今回は人数も少なくゆったりとしているので、初心者の私も落ち着いて実習できます。
しかもなかなか手が出ないでいた高価なオイルも使うことが出来てラッキー。

そうして出来た香りは、フローラル系、と見せかけてスパイシーさを効かせた、まさに私そのものでは?と思う仕上がり。
(イランイラン、ローズ、カモミール、ジャスミン、カルダモン、シナモン、スターアニス)

ブレンドファクター(対比率)とにらめっこしながら作り、この日助手としていらしていた専門の先生に相談して「スターアニスを入れてみては?」とそれまでリストアップしていなかった香りを。
とても個性的になり、「がっちりとアピールしてハートを射止められそう」とのこと。

さて、お次はカウンターにかじりついて島田シェフのお料理のデモを見学。
いつもながら鮮やかで手際の良いプロの仕事を解説付で見れるのが楽しい。
まずは、一足先に春を感じられる、春野菜のフリット パルマ産生ハム添え。
天ぷらとフリットの違いが明確になりました。
さくっと軽い衣は、たくさんのフリットを食べているにもかかわらずもたれません。
添えられた「サーレプロフマート」(香り付けされた塩)も爽やかな味で、色もロマンチックなシトラス色です。

パスタは、黒トリュフと牛肉のラグーソース、カサレッティ。
こんなに頂いていいのですか?と驚いてしまうくらいの量の黒トリュフをふんだんに和えた贅沢なミートソースです。
カサレッティというショートパスタは始めてみる形。
ソースがとても絡みやすいので知っておいた方がよいかも。

ドルチェはチョコレートのタルト
バニラとラムレーズン、有機卵の自家製ジェラート添え。

チョコレートのフィリングが濃厚で、とても満足感のあるデザートです。

ハーブティはアップルやハイビスカスなどのブレンドしたお茶。

これまたバラの花びらのジャムをたっぷりと添えて頂くと
甘みだけでなく酸味が表に出てきて、食後の余韻を味わえます。

いつも新しい発見と美味しい料理、そして友達とのお喋りは大切な時間。